5回2失点降板のヤンキース田中 打線に救われ黒星帳消し

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(27)が12日(日本時間13日)のブルージェイズ戦に登板。5回を3安打2失点、6奪三振、5四死球で勝敗は付かなかった。

 昨季のア・リーグ東地区覇者を相手に苦しい投球を強いられた。球威、変化球とも精彩を欠き、1点リードの三回につかまる。先頭ピラーへの死球を足がかりに、後続に連打を浴びて逆転を許した。五回1死二塁のピンチは脱したが、この回を投げ終えて降板した。

 敗色濃厚も打線が田中を救った。六回、マッキャンのソロ本塁打で同点に追い付き、田中の負けを消すと、七回にも1点を追加して勝ち越した。

 この試合の前までヤンキースのチーム打率2割9分2厘はリーグトップ。総得点35は同2位タイ、チーム本塁打(9本)は同4位タイと上位に名を連ねている。

 さらに、1試合当たりの投手陣への援護点(RS)3.20はダントツ(記録は11日終了時)。数字上は、先発投手が3失点以内に抑えれば白星を得る確率が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る