阪神・藤川の先発大炎上に岡田元監督“ニンマリ”のワケ

公開日:  更新日:

「ほら、言うたやろ!」という声が聞こえてきそうだ。

 阪神の藤川球児が、10日広島戦に先発。甲子園での先発登板は実に14年ぶりのこと。スタンドは大いに沸いたが、五回途中7安打7失点で今季初黒星。チームも僅差で敗れ、初のカード負け越しとなった。

 藤川は、今季初登板の中日戦(3月27日)は、5回7安打4失点で勝ち負けなし。2度目の登板となった3日のDeNA戦は、6回無失点で勝ち投手となり、「球児は先発でいける」との印象を持ったファンも多かった。しかし、阪神の二軍時代から藤川を見てきた岡田元監督は、阪神復帰が決まった直後から先発起用に疑問を抱いていた。

 戦力としても先発向きではないということの他に、藤川が毎試合ブルペンに入れば、準備や調整方法、野球に取り組む姿勢などが若手の勉強、財産になるという考えからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る