阪神・藤川の先発大炎上に岡田元監督“ニンマリ”のワケ

公開日: 更新日:

「ほら、言うたやろ!」という声が聞こえてきそうだ。

 阪神藤川球児が、10日広島戦に先発。甲子園での先発登板は実に14年ぶりのこと。スタンドは大いに沸いたが、五回途中7安打7失点で今季初黒星。チームも僅差で敗れ、初のカード負け越しとなった。

 藤川は、今季初登板の中日戦(3月27日)は、5回7安打4失点で勝ち負けなし。2度目の登板となった3日のDeNA戦は、6回無失点で勝ち投手となり、「球児は先発でいける」との印象を持ったファンも多かった。しかし、阪神の二軍時代から藤川を見てきた岡田元監督は、阪神復帰が決まった直後から先発起用に疑問を抱いていた。

 戦力としても先発向きではないということの他に、藤川が毎試合ブルペンに入れば、準備や調整方法、野球に取り組む姿勢などが若手の勉強、財産になるという考えからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る