初登板初勝利のドジャース前田 「6回84球」で交代の裏側

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が堂々のメジャーデビューを果たした。

 6日(日本時間7日)のパドレス戦は6回を5安打無失点。メジャー1号本塁打も放って自身の初勝利に花を添えた。

 最速148キロ。球威はメジャー先発陣の中では最低ランクでも、点をまったく与えずに済んだ最大の要因は抜群の制球力だろう。直球、変化球とも低めに集め、無四球で乗り切った。

 オープン戦で対戦したアスレチックスのロン・ワシントン三塁ベースコーチは「彼の投げるボースはすべて低め。信じられないほどの制球力がある」と仰天。レンジャーズ時代のダルビッシュや上原(現レッドソックス)のボスで日本人投手をよく知る同コーチは「マエダには勝負できる球が3種類も4種類もあるのだから、彼はメジャーで成功できる」と太鼓判を押していた。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る