初登板初勝利のドジャース前田 「6回84球」で交代の裏側

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が堂々のメジャーデビューを果たした。

 6日(日本時間7日)のパドレス戦は6回を5安打無失点。メジャー1号本塁打も放って自身の初勝利に花を添えた。

 最速148キロ。球威はメジャー先発陣の中では最低ランクでも、点をまったく与えずに済んだ最大の要因は抜群の制球力だろう。直球、変化球とも低めに集め、無四球で乗り切った。

 オープン戦で対戦したアスレチックスのロン・ワシントン三塁ベースコーチは「彼の投げるボースはすべて低め。信じられないほどの制球力がある」と仰天。レンジャーズ時代のダルビッシュや上原(現レッドソックス)のボスで日本人投手をよく知る同コーチは「マエダには勝負できる球が3種類も4種類もあるのだから、彼はメジャーで成功できる」と太鼓判を押していた。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  7. 7

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  8. 8

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  9. 9

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  10. 10

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る