初登板初勝利のドジャース前田 「6回84球」で交代の裏側

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が堂々のメジャーデビューを果たした。

 6日(日本時間7日)のパドレス戦は6回を5安打無失点。メジャー1号本塁打も放って自身の初勝利に花を添えた。

 最速148キロ。球威はメジャー先発陣の中では最低ランクでも、点をまったく与えずに済んだ最大の要因は抜群の制球力だろう。直球、変化球とも低めに集め、無四球で乗り切った。

 オープン戦で対戦したアスレチックスのロン・ワシントン三塁ベースコーチは「彼の投げるボースはすべて低め。信じられないほどの制球力がある」と仰天。レンジャーズ時代のダルビッシュや上原(現レッドソックス)のボスで日本人投手をよく知る同コーチは「マエダには勝負できる球が3種類も4種類もあるのだから、彼はメジャーで成功できる」と太鼓判を押していた。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る