初登板初勝利のドジャース前田 「6回84球」で交代の裏側

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が堂々のメジャーデビューを果たした。

 6日(日本時間7日)のパドレス戦は6回を5安打無失点。メジャー1号本塁打も放って自身の初勝利に花を添えた。

 最速148キロ。球威はメジャー先発陣の中では最低ランクでも、点をまったく与えずに済んだ最大の要因は抜群の制球力だろう。直球、変化球とも低めに集め、無四球で乗り切った。

 オープン戦で対戦したアスレチックスのロン・ワシントン三塁ベースコーチは「彼の投げるボースはすべて低め。信じられないほどの制球力がある」と仰天。レンジャーズ時代のダルビッシュや上原(現レッドソックス)のボスで日本人投手をよく知る同コーチは「マエダには勝負できる球が3種類も4種類もあるのだから、彼はメジャーで成功できる」と太鼓判を押していた。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る