マエケン好投も白星スルリ…ドジャース救援陣の不安露わ

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕の好投が続いている。

 ドジャース・前田健太(28)が12日(日本時間13日)のダイヤモンドバックス戦に登板。6回を5安打無失点、4三振、2四死球。デビュー戦のパドレス戦から12イニング連続無失点。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りたが、中継ぎ投手が同点弾を浴びて2勝目はならなかった。

 オープン戦から抜群の制球力を発揮してきたが、この日は精度を欠いた。一回、1番セグラに死球をぶつけると、続くブリトーの打席で暴投。その後もダイヤモンドバックス打線に低めの変化球を見極められてカウントを悪くし、苦しいマウンドを強いられながも粘りを見せた。

 5番からの二回には連打を浴びて無死二、三塁のピンチを招いたが後続を3者凡退に仕留める。四回以降も得点圏に走者を背負いながらも、要所を締めてつけ入る隙を与えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る