ヤンキース田中またも一発病 開幕戦先発で痛恨の同点被弾

公開日: 更新日:

 エース右腕がまた期待を裏切った。

 ヤンキース・田中将大(27)が5日(日本時間6日)のアストロズとの開幕戦に登板。5回3分の2を1本塁打含む4安打2失点、1四球4三振だった。勝敗は付かなかった。

 三回まで毎回3者凡退に仕留めて上々の立ち上がり。序盤は昨季のサイ・ヤング賞左腕カイクルにも引けを取らない内容だった。

 尻上がりに調子を上げるカイクルとは対照的に田中は四回に連打を許して内野ゴロの間に1点を献上。1点リードの六回には昨季の新人王コレアに甘く入った変化球を右中間スタンドに運ばれる同点弾を浴びる。続くラスマスを四球で歩かせたところで交代を告げられた。

 2年連続で開幕投手の大役を務めながら、昨季のブルージェイズ戦に次ぐ背信の投球。この試合で始球式を務めたOBの松井秀喜氏の前で開幕勝利はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る