ヤンキース田中またも一発病 開幕戦先発で痛恨の同点被弾

公開日: 更新日:

 エース右腕がまた期待を裏切った。

 ヤンキース・田中将大(27)が5日(日本時間6日)のアストロズとの開幕戦に登板。5回3分の2を1本塁打含む4安打2失点、1四球4三振だった。勝敗は付かなかった。

 三回まで毎回3者凡退に仕留めて上々の立ち上がり。序盤は昨季のサイ・ヤング賞左腕カイクルにも引けを取らない内容だった。

 尻上がりに調子を上げるカイクルとは対照的に田中は四回に連打を許して内野ゴロの間に1点を献上。1点リードの六回には昨季の新人王コレアに甘く入った変化球を右中間スタンドに運ばれる同点弾を浴びる。続くラスマスを四球で歩かせたところで交代を告げられた。

 2年連続で開幕投手の大役を務めながら、昨季のブルージェイズ戦に次ぐ背信の投球。この試合で始球式を務めたOBの松井秀喜氏の前で開幕勝利はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る