平昌に意欲の真央も救う? フィギュア選考基準はユルユル

公開日: 更新日:

①(1人目)全日本優勝者
②(2人目)全日本2位、3位とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考
③(3人目)(2)の選考から漏れた選手と全日本終了時点の世界ランク日本人上位3人、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3人の中から選ばれる

 つまり、選考にかなりの幅があるため、真央もそこそこの位置にいればスケート連盟の腹ひとつでキップを手にできるかもしれないのだ。もっとも、そんなレベルの選手では五輪の金メダルはかなり厳しいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る