世界フィギュア自己最低7位も 現役続行の真央に心の成長

公開日:  更新日:

 結果だけを見れば、「惨敗」である。

 日本時間3日に米・ボストンで行われたフィギュアスケートの世界選手権最終日。SPで9位と出遅れた浅田真央(25)は、この日のフリーでオペラ「蝶々夫人」を情感たっぷりに演じ切った。 今季自己最高得点をマークしたものの、順位は9度目の世界選手権で過去最低となる7位。冒頭のトリプルアクセルが回転不足となるなど、細かなミスが響いた。1年間の休養から復帰した今季はGPファイナルでも最下位の6位。それでも、「ほっとした。得点や順位のことより自分の演技をしたいという思いが強かった」と笑顔を見せた浅田は、こう続けた。

「年齢を重ねるごとにSPとフリーでぜんぜん違った表現が自分なりにできている。それを楽しみながら滑っている。復帰していなかったら、後悔していたと思う」

 そして、「経験を次に生かしたい」と現役続行の意向を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る