世界フィギュア自己最低7位も 現役続行の真央に心の成長

公開日: 更新日:

 結果だけを見れば、「惨敗」である。

 日本時間3日に米・ボストンで行われたフィギュアスケートの世界選手権最終日。SPで9位と出遅れた浅田真央(25)は、この日のフリーでオペラ「蝶々夫人」を情感たっぷりに演じ切った。 今季自己最高得点をマークしたものの、順位は9度目の世界選手権で過去最低となる7位。冒頭のトリプルアクセルが回転不足となるなど、細かなミスが響いた。1年間の休養から復帰した今季はGPファイナルでも最下位の6位。それでも、「ほっとした。得点や順位のことより自分の演技をしたいという思いが強かった」と笑顔を見せた浅田は、こう続けた。

「年齢を重ねるごとにSPとフリーでぜんぜん違った表現が自分なりにできている。それを楽しみながら滑っている。復帰していなかったら、後悔していたと思う」

 そして、「経験を次に生かしたい」と現役続行の意向を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る