世界フィギュア自己最低7位も 現役続行の真央に心の成長

公開日:  更新日:

 結果だけを見れば、「惨敗」である。

 日本時間3日に米・ボストンで行われたフィギュアスケートの世界選手権最終日。SPで9位と出遅れた浅田真央(25)は、この日のフリーでオペラ「蝶々夫人」を情感たっぷりに演じ切った。 今季自己最高得点をマークしたものの、順位は9度目の世界選手権で過去最低となる7位。冒頭のトリプルアクセルが回転不足となるなど、細かなミスが響いた。1年間の休養から復帰した今季はGPファイナルでも最下位の6位。それでも、「ほっとした。得点や順位のことより自分の演技をしたいという思いが強かった」と笑顔を見せた浅田は、こう続けた。

「年齢を重ねるごとにSPとフリーでぜんぜん違った表現が自分なりにできている。それを楽しみながら滑っている。復帰していなかったら、後悔していたと思う」

 そして、「経験を次に生かしたい」と現役続行の意向を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る