フリー打撃初登板で30球 ダルは「5.12」メジャー復帰へ

公開日:  更新日:

 患部の回復は順調のようだ。

 右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が13日(日本時間14日)、本拠地アーリントンで術後初のフリー打撃に登板。球団の発表によれば、傘下の2Aフリスコのマイナーリーガー2人を相手に1イニング15球の想定で計2イニング、30球を投げた。

 通常の試合同様、ブルペンで45球を投げ込んでからマウンドに向かうなど、実戦を意識した登板だった。

 今後は球数を45~60に増やして17日と21日にフリー打撃で投げる。患部に異常がなければ、25日のマイナー戦で実戦復帰する予定だ。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」によると、ダルはマイナーでの調整登板を3試合こなし、早ければメジャー復帰は5月11日(日本時間12日)のホワイトソックス戦(アーリントン)。マイナーでの調整登板が増えれば、同16日のアスレチックス戦か21日のアストロズ戦になるという。

 遠征先のワシントン州シアトルでダルの投球をビデオでチェックしたブロケイル投手コーチは「特にスライダーが良く、チェンジアップとカーブにも切れがあった」と及第点を与えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る