育成どこへ? 楽天ケガ人続出でオコエ降格のてんやわんや

公開日:  更新日:

 苦渋の決断――と言いたいのだろうが、よくよく考えれば「何を今更」でもある。

 14日、楽天の高卒ルーキー、オコエ瑠偉(18)が登録抹消された。楽天は藤田、今江と主力野手にケガ人が続出し、この日はリードオフマンの岡島まで椎間関節炎で二軍落ちした。そこで二軍から急きょ、内野手の中川と外野手の島内を昇格させた。オコエは一軍登録枠のあおりを食った形だ。

 梨田監督は、「これだけ故障者が出ているからね。緊張事態だよ」と説明したが、それはつまり、「オコエがいたって戦力にはならない」と言っているに等しい。外野手の岡島がケガをし、外野手のオコエを降格させ、外野手の島内を一軍に上げたことを見れば一目瞭然だ。

 そもそも育成目的で高卒新人を一軍に置くからには、試合に出して経験を積ませなくては意味がない。しかし、梨田監督はオコエを開幕一軍に抜擢しながら、起用は守備固めや代走がほとんど。バットを持つ機会を与えたのは11試合でたったの8打席だった。それを今になって“客寄せパンダを置いておく余裕がない”というのだから、一体何がしたかったのか。

 オコエは「(一軍は)いい経験になった」と前を向いたが、果たしてどうか。今日からがプロ野球選手としての本当のスタートと割り切って、二軍で遅れを取り戻すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る