育成どこへ? 楽天ケガ人続出でオコエ降格のてんやわんや

公開日:  更新日:

 苦渋の決断――と言いたいのだろうが、よくよく考えれば「何を今更」でもある。

 14日、楽天の高卒ルーキー、オコエ瑠偉(18)が登録抹消された。楽天は藤田、今江と主力野手にケガ人が続出し、この日はリードオフマンの岡島まで椎間関節炎で二軍落ちした。そこで二軍から急きょ、内野手の中川と外野手の島内を昇格させた。オコエは一軍登録枠のあおりを食った形だ。

 梨田監督は、「これだけ故障者が出ているからね。緊張事態だよ」と説明したが、それはつまり、「オコエがいたって戦力にはならない」と言っているに等しい。外野手の岡島がケガをし、外野手のオコエを降格させ、外野手の島内を一軍に上げたことを見れば一目瞭然だ。

 そもそも育成目的で高卒新人を一軍に置くからには、試合に出して経験を積ませなくては意味がない。しかし、梨田監督はオコエを開幕一軍に抜擢しながら、起用は守備固めや代走がほとんど。バットを持つ機会を与えたのは11試合でたったの8打席だった。それを今になって“客寄せパンダを置いておく余裕がない”というのだから、一体何がしたかったのか。

 オコエは「(一軍は)いい経験になった」と前を向いたが、果たしてどうか。今日からがプロ野球選手としての本当のスタートと割り切って、二軍で遅れを取り戻すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  6. 6

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  7. 7

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る