• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

育成どこへ? 楽天ケガ人続出でオコエ降格のてんやわんや

 苦渋の決断――と言いたいのだろうが、よくよく考えれば「何を今更」でもある。

 14日、楽天の高卒ルーキー、オコエ瑠偉(18)が登録抹消された。楽天は藤田、今江と主力野手にケガ人が続出し、この日はリードオフマンの岡島まで椎間関節炎で二軍落ちした。そこで二軍から急きょ、内野手の中川と外野手の島内を昇格させた。オコエは一軍登録枠のあおりを食った形だ。

 梨田監督は、「これだけ故障者が出ているからね。緊張事態だよ」と説明したが、それはつまり、「オコエがいたって戦力にはならない」と言っているに等しい。外野手の岡島がケガをし、外野手のオコエを降格させ、外野手の島内を一軍に上げたことを見れば一目瞭然だ。

 そもそも育成目的で高卒新人を一軍に置くからには、試合に出して経験を積ませなくては意味がない。しかし、梨田監督はオコエを開幕一軍に抜擢しながら、起用は守備固めや代走がほとんど。バットを持つ機会を与えたのは11試合でたったの8打席だった。それを今になって“客寄せパンダを置いておく余裕がない”というのだから、一体何がしたかったのか。

 オコエは「(一軍は)いい経験になった」と前を向いたが、果たしてどうか。今日からがプロ野球選手としての本当のスタートと割り切って、二軍で遅れを取り戻すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る