観客は大喜びも…オコエ起用法で問われる梨田楽天の手腕

公開日: 更新日:

 最も球場が沸いた。

 0-7で迎えた延長十回、ドラフト1位のオコエ瑠偉(18)が代打で登場。空振り三振に倒れて最後の打者となったが、ファンは温かい歓声を送った。

 高卒新人では12球団で唯一の開幕一軍。26日には高卒新人としてはドラフト制後初となる開幕カードでの盗塁を決めた。人気、話題性が抜群で守備、走塁はすでに一軍レベル。打撃さえ向上すれば、スタメンを取れる素材であることはわかった。

 そこで問題になってくるのは今後の育成方針だ。外野はウィーラー、松井稼、岡島がスタメン起用されている。松井、ウィーラーは3戦とも無安打に終わったが、実績のある選手と新助っ人は簡単には切れない。控えには聖沢らもいる。今は途中から少し出るだけでお客が大喜びしてくれる。楽天は2年連続最下位。多少負けてもファンは長い目で見てくれるだろう。この日だって、大敗濃厚の試合でオコエの登場に大歓声である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る