観客は大喜びも…オコエ起用法で問われる梨田楽天の手腕

公開日:  更新日:

 最も球場が沸いた。

 0-7で迎えた延長十回、ドラフト1位のオコエ瑠偉(18)が代打で登場。空振り三振に倒れて最後の打者となったが、ファンは温かい歓声を送った。

 高卒新人では12球団で唯一の開幕一軍。26日には高卒新人としてはドラフト制後初となる開幕カードでの盗塁を決めた。人気、話題性が抜群で守備、走塁はすでに一軍レベル。打撃さえ向上すれば、スタメンを取れる素材であることはわかった。

 そこで問題になってくるのは今後の育成方針だ。外野はウィーラー、松井稼、岡島がスタメン起用されている。松井、ウィーラーは3戦とも無安打に終わったが、実績のある選手と新助っ人は簡単には切れない。控えには聖沢らもいる。今は途中から少し出るだけでお客が大喜びしてくれる。楽天は2年連続最下位。多少負けてもファンは長い目で見てくれるだろう。この日だって、大敗濃厚の試合でオコエの登場に大歓声である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る