• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岩隈の暴投が決勝点 ヤンキース田中“棚ボタ”で今季初勝利

 楽天の元エース同士の対戦はヤンキース・田中将大(27)に軍配が上がった。

 田中とマリナーズ・岩隈久志(35)が17日(日本時間18日)、ニューヨーク・ヤンキースタジアムで先発。田中は7回を6安打3失点(自責点2)で今季初勝利を挙げた。岩隈は7回を8安打4失点で今季初白星はならず、2敗目を喫した。

 今回で12度目となった日本人投手による投げ合いで先制を許したのは田中だった。一回先頭の青木宣親(34)を二ゴロに打ち取った後、3連打で満塁のピンチを招き、併殺崩れの間に1点を失う。試合後の田中は「最少失点で乗り切れたことが良かった」と振り返ったが、それ以降もピリッとしなかった。

 打線が岩隈を攻略し3-1と2点リードした直後の四回。味方の拙守にも足を引っ張られて1点を返されると、五回1死から青木に甘く入った変化球を捉えられ、中越えの三塁打。続くスミスに中前打を許して同点に追い付かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る