開幕ダッシュ失敗ソフトB 3連覇は工藤監督の“我慢”がカギ

公開日:  更新日:

「何やってんだ!」

 そう憤るファンも少なくないはずだ。

 昨季2連覇を達成し、今季もダントツの優勝候補に挙げられていたソフトバンク。しかし、6日現在、3勝5敗2分けで5位と低迷。チーム打率・241はリーグ4位、同防御率3.61も3位だ。

 さらに開幕からカードの初戦は3敗1分けと、一度も勝っていない。この成績は、当時弱小だったダイエー時代の96年に次ぐ記録。ダイエーはその年、カード初戦7連敗を喫し、シーズンも最下位に沈んでいる。

 さすがに同じ轍を踏むことはないだろうが、怖いのが首脳陣の焦りだ。昨季は開幕直後、AクラスとBクラスを行ったり来たりするも、5月以降は常に3位以上をキープしていた。工藤監督は就任1年目。余計なことを一切しなかったことも功を奏した。

 しかし、2年連続で開幕ダッシュに失敗して、同じように平静でいられるか。ただでさえ、パ5球団は打倒ソフトバンクに目の色を変えているのだから、逆風は昨季以上だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る