開幕ダッシュ失敗ソフトB 3連覇は工藤監督の“我慢”がカギ

公開日:  更新日:

「何やってんだ!」

 そう憤るファンも少なくないはずだ。

 昨季2連覇を達成し、今季もダントツの優勝候補に挙げられていたソフトバンク。しかし、6日現在、3勝5敗2分けで5位と低迷。チーム打率・241はリーグ4位、同防御率3.61も3位だ。

 さらに開幕からカードの初戦は3敗1分けと、一度も勝っていない。この成績は、当時弱小だったダイエー時代の96年に次ぐ記録。ダイエーはその年、カード初戦7連敗を喫し、シーズンも最下位に沈んでいる。

 さすがに同じ轍を踏むことはないだろうが、怖いのが首脳陣の焦りだ。昨季は開幕直後、AクラスとBクラスを行ったり来たりするも、5月以降は常に3位以上をキープしていた。工藤監督は就任1年目。余計なことを一切しなかったことも功を奏した。

 しかし、2年連続で開幕ダッシュに失敗して、同じように平静でいられるか。ただでさえ、パ5球団は打倒ソフトバンクに目の色を変えているのだから、逆風は昨季以上だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る