開幕ダッシュ失敗ソフトB 3連覇は工藤監督の“我慢”がカギ

公開日: 更新日:

「何やってんだ!」

 そう憤るファンも少なくないはずだ。

 昨季2連覇を達成し、今季もダントツの優勝候補に挙げられていたソフトバンク。しかし、6日現在、3勝5敗2分けで5位と低迷。チーム打率・241はリーグ4位、同防御率3.61も3位だ。

 さらに開幕からカードの初戦は3敗1分けと、一度も勝っていない。この成績は、当時弱小だったダイエー時代の96年に次ぐ記録。ダイエーはその年、カード初戦7連敗を喫し、シーズンも最下位に沈んでいる。

 さすがに同じ轍を踏むことはないだろうが、怖いのが首脳陣の焦りだ。昨季は開幕直後、AクラスとBクラスを行ったり来たりするも、5月以降は常に3位以上をキープしていた。工藤監督は就任1年目。余計なことを一切しなかったことも功を奏した。

 しかし、2年連続で開幕ダッシュに失敗して、同じように平静でいられるか。ただでさえ、パ5球団は打倒ソフトバンクに目の色を変えているのだから、逆風は昨季以上だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る