由伸采配に8人の“助監督” 3連勝の巨人は「首脳陣参加型」

公開日:  更新日:

 ヤクルトに3連勝した昨27日もそうだった。

 ベンチで立ったまま戦況を見守る巨人の高橋由伸監督(40)の横には常に村田真ヘッド、尾花投手担当、村田善バッテリー担当、井端内野守備走塁担当の4コーチが控え、高橋監督が口を開くと、まるでご用聞きのように揃って耳を寄せる。勝負どころでは一球ごと、ワンプレーごとに額を突き合わせ、高橋監督の問いにコーチ陣が答えるというシーンが繰り返された。

 現役を引退して即、監督に就任。昨年1年間の兼任コーチしか指導者経験のない高橋監督は“素人”を自認している。春季キャンプ中に行った本紙のインタビューでも、「昨年まで現役ですから、指導経験はほぼないに等しい。投手に関しては、無知とは言いませんけど、知識はそんなにあるわけではありませんし、より勉強しないといけない。ただ、『できない』『分からない』ことを恥ずかしいとは思ってないし、そこは(中略)コーチと会話して意見を聞きながらやっていきたい」と話していた通りの立ち居振る舞いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る