• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸采配に8人の“助監督” 3連勝の巨人は「首脳陣参加型」

 ヤクルトに3連勝した昨27日もそうだった。

 ベンチで立ったまま戦況を見守る巨人の高橋由伸監督(40)の横には常に村田真ヘッド、尾花投手担当、村田善バッテリー担当、井端内野守備走塁担当の4コーチが控え、高橋監督が口を開くと、まるでご用聞きのように揃って耳を寄せる。勝負どころでは一球ごと、ワンプレーごとに額を突き合わせ、高橋監督の問いにコーチ陣が答えるというシーンが繰り返された。

 現役を引退して即、監督に就任。昨年1年間の兼任コーチしか指導者経験のない高橋監督は“素人”を自認している。春季キャンプ中に行った本紙のインタビューでも、「昨年まで現役ですから、指導経験はほぼないに等しい。投手に関しては、無知とは言いませんけど、知識はそんなにあるわけではありませんし、より勉強しないといけない。ただ、『できない』『分からない』ことを恥ずかしいとは思ってないし、そこは(中略)コーチと会話して意見を聞きながらやっていきたい」と話していた通りの立ち居振る舞いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る