• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸采配に8人の“助監督” 3連勝の巨人は「首脳陣参加型」

 ヤクルトに3連勝した昨27日もそうだった。

 ベンチで立ったまま戦況を見守る巨人の高橋由伸監督(40)の横には常に村田真ヘッド、尾花投手担当、村田善バッテリー担当、井端内野守備走塁担当の4コーチが控え、高橋監督が口を開くと、まるでご用聞きのように揃って耳を寄せる。勝負どころでは一球ごと、ワンプレーごとに額を突き合わせ、高橋監督の問いにコーチ陣が答えるというシーンが繰り返された。

 現役を引退して即、監督に就任。昨年1年間の兼任コーチしか指導者経験のない高橋監督は“素人”を自認している。春季キャンプ中に行った本紙のインタビューでも、「昨年まで現役ですから、指導経験はほぼないに等しい。投手に関しては、無知とは言いませんけど、知識はそんなにあるわけではありませんし、より勉強しないといけない。ただ、『できない』『分からない』ことを恥ずかしいとは思ってないし、そこは(中略)コーチと会話して意見を聞きながらやっていきたい」と話していた通りの立ち居振る舞いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る