原前監督とはまるで逆 巨人には“動かない”由伸采配が正解

公開日: 更新日:

 巨人の高橋由伸監督(40)が25日のヤクルトとの開幕戦で白星を飾った。先発菅野は7回無失点の好投。打っては四回に長野が先制ソロ、七回には小林の2点適時二塁打でリードを広げた。

 3-1で逃げ切った高橋監督は「ホッとしている。さすがにちょっと疲れた。選手の時もうれしかったけど、監督の勝利はこんなにうれしいのかと感じた」と安堵の表情を浮かべた。

 テレビ中継の解説を務めた原前監督はこう言っていた。

「山口を出してもいいところで出さない。小林に代打を出してもいいところで出さなかった。(高橋監督は)動かない。動かない強さを見せた」

 勝ったとはいえ、わずか4安打。動きようがなかったのかもしれないが、前監督が舌を巻いた場面は、1点リードの七回2死一、二塁の好機。8番の小林をそのまま打席に向かわせたところだ。指揮官は「代打? 全く考えていなかった。キャンプ、オープン戦で成長しているし、その姿に期待した」と涼しい顔。八回に2番手のマシソンが連打を浴びて2点差に迫られ、なおも2死二塁のピンチで左打者の雄平を迎えた場面もそうだった。左腕の山口投入かと思われたが、ここでも動かずにマシソンは続投。ピンチを切り抜けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る