• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原前監督とはまるで逆 巨人には“動かない”由伸采配が正解

 巨人の高橋由伸監督(40)が25日のヤクルトとの開幕戦で白星を飾った。先発菅野は7回無失点の好投。打っては四回に長野が先制ソロ、七回には小林の2点適時二塁打でリードを広げた。

 3-1で逃げ切った高橋監督は「ホッとしている。さすがにちょっと疲れた。選手の時もうれしかったけど、監督の勝利はこんなにうれしいのかと感じた」と安堵の表情を浮かべた。

 テレビ中継の解説を務めた原前監督はこう言っていた。

「山口を出してもいいところで出さない。小林に代打を出してもいいところで出さなかった。(高橋監督は)動かない。動かない強さを見せた」

 勝ったとはいえ、わずか4安打。動きようがなかったのかもしれないが、前監督が舌を巻いた場面は、1点リードの七回2死一、二塁の好機。8番の小林をそのまま打席に向かわせたところだ。指揮官は「代打? 全く考えていなかった。キャンプ、オープン戦で成長しているし、その姿に期待した」と涼しい顔。八回に2番手のマシソンが連打を浴びて2点差に迫られ、なおも2死二塁のピンチで左打者の雄平を迎えた場面もそうだった。左腕の山口投入かと思われたが、ここでも動かずにマシソンは続投。ピンチを切り抜けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る