来秋ドラフト候補と評判 “東大史上最高投手”宮台の実力は

公開日:  更新日:

 東大史上最高の投手――そんな冠をつけて報じるスポーツマスコミもある。

 19日の東京六大学野球春季リーグ、明大との3回戦。14年ぶりの勝ち点を目指して先発した東大の3年生左腕・宮台康平(神奈川・湘南高)は3回6安打3失点と打ち込まれ、「自分の実力不足」と3-12の大敗の責任を背負いこんだ。

 しかし、ネット裏にはこの日も多くのスカウトと報道陣が集結。「来秋ドラフト候補に浮上!」とスポーツ紙に持ち上げられ、本人も「(プロに)魅力を感じている。昨秋から、このまま成長すれば、いけるんじゃないかと思い始めた」とその気になっている。日に日に注目度が高まっているのは事実だ。

「今春季リーグ開幕戦で2季連続優勝の早大を相手に13奪三振の快投を演じ、16日の明大戦でも九回途中1失点の好投。どちらも1失点の敗戦投手になったものの、早大戦での13奪三振は70年ぶりの東大新記録でした。直球のMAXは145キロ。複数の球団が来年のドラフト候補としてリストアップしています」(アマチュア野球担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る