プロ注目も“鳥谷2世”の道険し 早大・石井なぜ評価低い?

公開日: 更新日:

 大活躍にも、プロのスカウトにはまだまだ物足りないようだ。

 9日に開幕した東京六大学。プロ注目の早大の遊撃手・石井一成(4年=作新学院)が10日の東大戦で、本塁打を含む3安打5打点と4番の仕事を果たした。

 早大OBの鳥谷敬(阪神)と同じ左打ちの遊撃手。「鳥谷2世」としての期待は大きい。作新学院時代は3度の甲子園出場を果たし、ドラフト候補にも挙がった逸材だ。ネット裏には巨人、DeNA、広島、楽天など複数球団のスカウトが視察に訪れ、巨人は複数人の目でチェックする念の入れよう。DeNAの吉田GM補佐は、「何より野球センスがある。バットコントロールも良い。フットワークもいいものを持っている」と話した一方、パ球団のスカウトは、「もちろんドラフト候補だけど、現状では3~4位レベルといったところ」と、こう語る。


「守備では送球に安定感がある。ボールにしっかり指がかかっているから、送球ミスは少ない。脚力も中の上で、守備範囲もそこそこ広いが、課題は体の強さ。バットの使い方はうまく、きれいなヒットは打てるものの、速い球に力負けしないような体の強さや粘りがない。たとえば明大時代の高山(阪神)はタイミングを外されたり、バランスを崩されても安打にできた。亜大時代の松田(ソフトバンク)も崩されながらも手首をうまく返して、スタンドに放り込む力強さがあった。守備に関しても、三遊間の深い位置から一塁へ強い送球ができるか。そういう部分が出てくると評価も変わってくるんだが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る