プロ注目も“鳥谷2世”の道険し 早大・石井なぜ評価低い?

公開日:  更新日:

 大活躍にも、プロのスカウトにはまだまだ物足りないようだ。

 9日に開幕した東京六大学。プロ注目の早大の遊撃手・石井一成(4年=作新学院)が10日の東大戦で、本塁打を含む3安打5打点と4番の仕事を果たした。

 早大OBの鳥谷敬(阪神)と同じ左打ちの遊撃手。「鳥谷2世」としての期待は大きい。作新学院時代は3度の甲子園出場を果たし、ドラフト候補にも挙がった逸材だ。ネット裏には巨人、DeNA、広島、楽天など複数球団のスカウトが視察に訪れ、巨人は複数人の目でチェックする念の入れよう。DeNAの吉田GM補佐は、「何より野球センスがある。バットコントロールも良い。フットワークもいいものを持っている」と話した一方、パ球団のスカウトは、「もちろんドラフト候補だけど、現状では3~4位レベルといったところ」と、こう語る。


「守備では送球に安定感がある。ボールにしっかり指がかかっているから、送球ミスは少ない。脚力も中の上で、守備範囲もそこそこ広いが、課題は体の強さ。バットの使い方はうまく、きれいなヒットは打てるものの、速い球に力負けしないような体の強さや粘りがない。たとえば明大時代の高山(阪神)はタイミングを外されたり、バランスを崩されても安打にできた。亜大時代の松田(ソフトバンク)も崩されながらも手首をうまく返して、スタンドに放り込む力強さがあった。守備に関しても、三遊間の深い位置から一塁へ強い送球ができるか。そういう部分が出てくると評価も変わってくるんだが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る