四球記録途切れ安堵も…ソフトB柳田の打撃に次なる不安

公開日: 更新日:

 その表情は明るかった。

 20日のロッテ戦で連続四球記録が王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)に並ぶ「18」で途切れた、ソフトバンクの柳田悠岐(27)。雨天中止となった21日はロッテの室内練習場で汗を流した。

 はたから見れば四球記録は名誉。警戒されるのは強打者の証しだ。しかし、柳田はこの記録にうんざりしていたようで、無四球に終わった20日の試合後は笑顔も見せていた。

 工藤監督も話しているように、柳田は初球から積極的にバットを振っていくタイプ。いくら出塁率でチームに貢献できるといっても、そこはパワーヒッターのサガなのだろう。

「四球でも十分ありがたいと思えるほど大人でもない。しかし、たまたま1試合歩かされなかっただけであって、今後も相手バッテリーに厳しくコースを突かれるのは変わりない。四球記録から解放されたからといって、ボールの見極めまで雑にならないといいが……」(ソフトバンクOB)

 柳田の試練は続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る