MVPの柳田と山田 年俸めぐりトリプルスリーの駆け引き熾烈

公開日:  更新日:

 予想通りのダブル受賞となった。

 25日、「NPBアワード」が開かれ、今季のMVPにセがヤクルトの山田哲人(23)、パはソフトバンクの柳田悠岐(27)がともに初選出された。

 今季、2人は揃って3割、30本、30盗塁のトリプルスリーを達成。山田は1位票262票(満票270)、柳田は211票(満票230)を獲得し、ほぼ満場一致での受賞だった。山田が「むちゃくちゃうれしい。チームは優勝し、個人としてもいい成績を残せた。充実した一年だった」と言えば、柳田も「光栄です。チームも日本一になり、本当にいいシーズンだった」と喜んだ。

 そんな2人にバラ色のオフが待っている。それぞれ今季年俸は山田が8000万円、柳田が9000万円。似たり寄ったりで、ともに大幅増は間違いない。

「お互い、契約更改でどれだけ上がるのかを気にしているそうです。12月には優勝旅行が控えており、スケジュールの都合上、山田が先に契約更改を行う予定。ヤクルトは山田に対し、最大限の評価を込めて複数年の提示も視野に入れている。あとに交渉する柳田とすれば、山田がどれだけ昇給を勝ち取り、どんな契約になるのかが、一つの指標だと思っているようです」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る