• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MVPの柳田と山田 年俸めぐりトリプルスリーの駆け引き熾烈

 予想通りのダブル受賞となった。

 25日、「NPBアワード」が開かれ、今季のMVPにセがヤクルトの山田哲人(23)、パはソフトバンクの柳田悠岐(27)がともに初選出された。

 今季、2人は揃って3割、30本、30盗塁のトリプルスリーを達成。山田は1位票262票(満票270)、柳田は211票(満票230)を獲得し、ほぼ満場一致での受賞だった。山田が「むちゃくちゃうれしい。チームは優勝し、個人としてもいい成績を残せた。充実した一年だった」と言えば、柳田も「光栄です。チームも日本一になり、本当にいいシーズンだった」と喜んだ。

 そんな2人にバラ色のオフが待っている。それぞれ今季年俸は山田が8000万円、柳田が9000万円。似たり寄ったりで、ともに大幅増は間違いない。

「お互い、契約更改でどれだけ上がるのかを気にしているそうです。12月には優勝旅行が控えており、スケジュールの都合上、山田が先に契約更改を行う予定。ヤクルトは山田に対し、最大限の評価を込めて複数年の提示も視野に入れている。あとに交渉する柳田とすれば、山田がどれだけ昇給を勝ち取り、どんな契約になるのかが、一つの指標だと思っているようです」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る