連続完封で神宮初勝利 巨人・菅野「死角なし」とOB投手

公開日:  更新日:

 巨人の菅野智之(26)が、プロ4年目で神宮球場初白星を挙げた。

 13日、ヤクルト打線を4安打に抑え、2試合連続の完封勝利。開幕から無傷の3連勝となった。神宮ではクライマックスシリーズを含む、通算7試合で0勝5敗、防御率5.15と苦手にしていた。8試合目にして、ついに鬼門を突破。防御率は0.82に下がり、セ・リーグの規定投球回到達者の中で唯一の0点台である。

 そんなエースに、他球団からは「菅野が投げる日は捨てて残りの試合を勝とう」なんて声も聞こえ始める。この日、「カギは直球」と言って臨んだが、オフから「圧倒」をテーマにその直球を磨いてきた。巨人OBの高橋善正氏(評論家)はこう見る。

「今年は体に厚みが出ましたね。球に『圧力』がある。試合終盤に150キロ台が出る球速と共に、威力が増して打者が押されている。シュート系のワンシームといわれる変化球も威力が増したため、打者が内角を脅威に感じている。そうなると外のスライダーも踏み込めない。もともとコントロールはいい投手。相乗効果が出ているのです。トレーニングの成果が出ているという実感が自信になっているのでしょう。最近の先発投手は6、7回でOKという時代。2試合連続完封というのは珍しい。長い回を投げる。完投するんだというエースの自覚も見える。他の先発陣が不安なため、菅野がフル回転させられ、ガス欠を起こすこと以外、死角は見当たりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る