連続完封で神宮初勝利 巨人・菅野「死角なし」とOB投手

公開日: 更新日:

 巨人の菅野智之(26)が、プロ4年目で神宮球場初白星を挙げた。

 13日、ヤクルト打線を4安打に抑え、2試合連続の完封勝利。開幕から無傷の3連勝となった。神宮ではクライマックスシリーズを含む、通算7試合で0勝5敗、防御率5.15と苦手にしていた。8試合目にして、ついに鬼門を突破。防御率は0.82に下がり、セ・リーグの規定投球回到達者の中で唯一の0点台である。

 そんなエースに、他球団からは「菅野が投げる日は捨てて残りの試合を勝とう」なんて声も聞こえ始める。この日、「カギは直球」と言って臨んだが、オフから「圧倒」をテーマにその直球を磨いてきた。巨人OBの高橋善正氏(評論家)はこう見る。

「今年は体に厚みが出ましたね。球に『圧力』がある。試合終盤に150キロ台が出る球速と共に、威力が増して打者が押されている。シュート系のワンシームといわれる変化球も威力が増したため、打者が内角を脅威に感じている。そうなると外のスライダーも踏み込めない。もともとコントロールはいい投手。相乗効果が出ているのです。トレーニングの成果が出ているという実感が自信になっているのでしょう。最近の先発投手は6、7回でOKという時代。2試合連続完封というのは珍しい。長い回を投げる。完投するんだというエースの自覚も見える。他の先発陣が不安なため、菅野がフル回転させられ、ガス欠を起こすこと以外、死角は見当たりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る