ダル3回45球の“時短”フリー登板 右肘考慮しペースダウン

公開日: 更新日:

 右肘手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)がスロー調整に入った。

 26日(日本時間27日)は本拠地アーリントンで術後、3度目となるフリー打撃に登板。3人のマイナー選手を相手に実戦を想定してアウトカウントを取り、3イニングで計45球とまずまずの投球を披露した。

 この日は「3回45球」か「4回60球」の2つの選択肢を与えられた。ダルは右肘への負担を考慮して前者を選んだ。

 当初、5月1日(現地時間)の傘下マイナー2Aフリスコの試合で登板する予定だったが、今後の調整スケジュールについては、あすの状態を見て判断する。

 前回のフリー打撃登板では球威がなく、回復具合を不安視されたが、首脳陣の評価は上々だ。ダルの登板を見守ったバニスター監督、ブロケイル投手コーチは順調な回復ぶりに太鼓判を押した。バニスター監督は「球にキレがあったし、走っていた。彼が投げる姿を見るのは楽しい」とエース右腕の復調に目を細めた。

 ダルは実戦復帰を前に、あえてペースダウンしたとみられ、順調にいけば5月中旬にもメジャーに復帰する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る