ダル3回45球の“時短”フリー登板 右肘考慮しペースダウン

公開日:  更新日:

 右肘手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)がスロー調整に入った。

 26日(日本時間27日)は本拠地アーリントンで術後、3度目となるフリー打撃に登板。3人のマイナー選手を相手に実戦を想定してアウトカウントを取り、3イニングで計45球とまずまずの投球を披露した。

 この日は「3回45球」か「4回60球」の2つの選択肢を与えられた。ダルは右肘への負担を考慮して前者を選んだ。

 当初、5月1日(現地時間)の傘下マイナー2Aフリスコの試合で登板する予定だったが、今後の調整スケジュールについては、あすの状態を見て判断する。

 前回のフリー打撃登板では球威がなく、回復具合を不安視されたが、首脳陣の評価は上々だ。ダルの登板を見守ったバニスター監督、ブロケイル投手コーチは順調な回復ぶりに太鼓判を押した。バニスター監督は「球にキレがあったし、走っていた。彼が投げる姿を見るのは楽しい」とエース右腕の復調に目を細めた。

 ダルは実戦復帰を前に、あえてペースダウンしたとみられ、順調にいけば5月中旬にもメジャーに復帰する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る