ダル3回45球の“時短”フリー登板 右肘考慮しペースダウン

公開日:  更新日:

 右肘手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)がスロー調整に入った。

 26日(日本時間27日)は本拠地アーリントンで術後、3度目となるフリー打撃に登板。3人のマイナー選手を相手に実戦を想定してアウトカウントを取り、3イニングで計45球とまずまずの投球を披露した。

 この日は「3回45球」か「4回60球」の2つの選択肢を与えられた。ダルは右肘への負担を考慮して前者を選んだ。

 当初、5月1日(現地時間)の傘下マイナー2Aフリスコの試合で登板する予定だったが、今後の調整スケジュールについては、あすの状態を見て判断する。

 前回のフリー打撃登板では球威がなく、回復具合を不安視されたが、首脳陣の評価は上々だ。ダルの登板を見守ったバニスター監督、ブロケイル投手コーチは順調な回復ぶりに太鼓判を押した。バニスター監督は「球にキレがあったし、走っていた。彼が投げる姿を見るのは楽しい」とエース右腕の復調に目を細めた。

 ダルは実戦復帰を前に、あえてペースダウンしたとみられ、順調にいけば5月中旬にもメジャーに復帰する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る