借金生活が目前も 虎ファン「超変革」野球の継続望む

公開日: 更新日:

「金本監督はたとえ借金生活に突入したとしても、『超変革』を貫いてほしいですね」

 阪神ファンの宮本勝浩氏(関大大学院教授)がこう言った。

 阪神は28日、巨人のエース菅野に八回までわずか1得点。敗戦濃厚と思われたが、1-3で迎えた九回に沢村から2点を奪い同点に追いつくと、そのまま引き分けに持ち込み、同一カード3連敗を阻止。13勝13敗2分けで勝率5割をキープした。

 奮闘したのは「金本チルドレン」だった。九回、ゴメスのソロ本塁打で1点差に追いつくと、北條(21)、江越(23)が安打を放って二、三塁とし、支配下登録されたばかりの代打・原口(24)の中犠飛で同点とした。金本監督はこの3連戦、「メッセと藤浪で勝てなかったのは痛いが、菅野で負けなかった。若手はよく頑張った」と前を向いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る