完投勝利の能見も球威増す 虎投手陣“筋トレ効果”はっきり

公開日: 更新日:

「前回は二回で降板していたから、長いイニングを投げたいと思っていた」

 24日の広島戦。2失点完投勝利で2勝目を挙げた阪神の能見篤史(36)がこう言った。チーム初完投でリリーフに休養を与えたベテラン左腕に「頼りになる」とは香田投手コーチ。本人以上に笑顔だった。

 今季の能見は、145キロ前後のストレートを軸に、力で押す投球が目立つ。この日は7個の三振を奪い、これで32回3分の2を投げて32三振。高い奪三振率を誇る。

「12年に最多奪三振のタイトルを獲得した能見はここ数年、投球回、奪三振数が減少傾向にあった。昨季は変化球でかわす投球が目立っていたが、今季はボールが若返っているというか、ストレートの質が良くなっている。力もキレもあるので、なかなか手ごわいよ」

 とは、ライバル球団の首脳陣。そして、こう付け加えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る