完投勝利の能見も球威増す 虎投手陣“筋トレ効果”はっきり

公開日: 更新日:

「前回は二回で降板していたから、長いイニングを投げたいと思っていた」

 24日の広島戦。2失点完投勝利で2勝目を挙げた阪神能見篤史(36)がこう言った。チーム初完投でリリーフに休養を与えたベテラン左腕に「頼りになる」とは香田投手コーチ。本人以上に笑顔だった。

 今季の能見は、145キロ前後のストレートを軸に、力で押す投球が目立つ。この日は7個の三振を奪い、これで32回3分の2を投げて32三振。高い奪三振率を誇る。

「12年に最多奪三振のタイトルを獲得した能見はここ数年、投球回、奪三振数が減少傾向にあった。昨季は変化球でかわす投球が目立っていたが、今季はボールが若返っているというか、ストレートの質が良くなっている。力もキレもあるので、なかなか手ごわいよ」

 とは、ライバル球団の首脳陣。そして、こう付け加えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る