復帰初戦で勝利に貢献 梶谷が最下位DeNAに活気を注入

公開日: 更新日:

「積極的にプレーすることで梶谷の速さを見せることができたと思う」

 5日、ヤクルト戦に勝利したDeNAのラミレス監督が絶賛したのは、4日に左脇腹痛から戦列復帰した梶谷隆幸(27)だった。

 初回、野選で出塁すると、ロペスの安打で二塁に進み、続く宮崎の打席の2球目に三盗に成功。さらに7球目、ヤクルト先発の石川が一塁に緩い牽制を入れた隙を逃さず、本塁へ猛進した。クロスプレーで一度はアウトと宣告されたが、ビデオ判定の結果、セーフとなり、本盗を決めてみせたのだ。

 復帰初戦となった前日の試合では、先制打を放つなど2安打1打点で勝利に貢献。最下位に沈んで元気がなかったDeNAが、この男の復帰で一気に活気が出てきた。

 ラミレス監督にとって梶谷は、主砲の筒香と並ぶ打線のキーマン。就任直後、昨季のチーム盗塁数がリーグ5位の57だったことに触れ、「80~100盗塁はしたい」と走塁改革を掲げたのも、梶谷あってのことだった。14年に盗塁王(39個)を獲得した梶谷が走塁でチームを牽引する役割を担うはずが、キャンプの守備練習でフェンスに激突。本人が「肋骨損傷、骨挫傷、筋肉損傷の『トリプルスリー』だった」と明かしたほどの重症で開幕から不在が続き、改革はなかなか進まなかった。

 梶谷が復帰したことで他の若手にも波及効果が生まれたのか、関根が石川からボークを誘発するなど、好走塁を見せた。最下位に低迷するDeNAが息を吹き返すか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る