復帰初戦で勝利に貢献 梶谷が最下位DeNAに活気を注入

公開日: 更新日:

「積極的にプレーすることで梶谷の速さを見せることができたと思う」

 5日、ヤクルト戦に勝利したDeNAのラミレス監督が絶賛したのは、4日に左脇腹痛から戦列復帰した梶谷隆幸(27)だった。

 初回、野選で出塁すると、ロペスの安打で二塁に進み、続く宮崎の打席の2球目に三盗に成功。さらに7球目、ヤクルト先発の石川が一塁に緩い牽制を入れた隙を逃さず、本塁へ猛進した。クロスプレーで一度はアウトと宣告されたが、ビデオ判定の結果、セーフとなり、本盗を決めてみせたのだ。

 復帰初戦となった前日の試合では、先制打を放つなど2安打1打点で勝利に貢献。最下位に沈んで元気がなかったDeNAが、この男の復帰で一気に活気が出てきた。

 ラミレス監督にとって梶谷は、主砲の筒香と並ぶ打線のキーマン。就任直後、昨季のチーム盗塁数がリーグ5位の57だったことに触れ、「80~100盗塁はしたい」と走塁改革を掲げたのも、梶谷あってのことだった。14年に盗塁王(39個)を獲得した梶谷が走塁でチームを牽引する役割を担うはずが、キャンプの守備練習でフェンスに激突。本人が「肋骨損傷、骨挫傷、筋肉損傷の『トリプルスリー』だった」と明かしたほどの重症で開幕から不在が続き、改革はなかなか進まなかった。

 梶谷が復帰したことで他の若手にも波及効果が生まれたのか、関根が石川からボークを誘発するなど、好走塁を見せた。最下位に低迷するDeNAが息を吹き返すか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る