早くも5本目 DeNA筒香のHR量産支える“ドミニカ魂”

公開日: 更新日:

 DeNAの筒香(24)が10日のヤクルト戦の初回、原樹から左翼席に5号2ランを放ち、リーグ単独トップに躍り出た。

 昨オフ、自ら志願してドミニカ共和国のウインターリーグに参加。中南米出身のメジャーリーガーも参加するハイレベルな舞台で10試合に出場、打率・206、0本塁打に終わったが、米国などで自主トレを行う選手が多い中で「オフの時期、一番レベルが高い場所でやりたかった」と参加した理由を語った。

「多くの選手が来年のメジャーのキャンプのロースター枠に入るため、必死にやっている。ハングリー精神は凄い。厳しい環境の中で技術面というよりむしろ、精神面で刺激を受けた。今年のためとかじゃなく、これからの僕の野球人生にとってプラスになると思う」

 自己最多は昨季の24本塁打。ラミレス監督が「逆方向への本塁打が打てれば、10本くらいは増える」と太鼓判を押すように、ハイペースでアーチを量産している。もともと打撃技術は、筒香が憧れる元巨人松井秀喜も高く評価している。ドミニカ仕込みのメンタル強化が初の本塁打王獲得を後押しするか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る