DeNA白根尚貴が一軍初昇格 “ジャイアン”の逆襲が始まる

公開日: 更新日:

 ここからが勝負だ。

 昨オフ、ソフトバンクに自ら退団を申し出て、トライアウトでDeNAに入団した白根尚貴(22)。二軍で2本塁打、8打点、打率.372と打ちまくり、14日、プロ5年目にして念願の一軍昇格を勝ち取った。

 島根・開星高時代はエース兼主砲として活躍し、186センチ、105キロという太めの体形もあって、付いたあだ名は「山陰のジャイアン」。高校通算40本塁打の打力を買われ、11年ドラフトでソフトバンクから4位指名された。

 が、入団後すぐに右ヒジのケガが発覚し、腱を再建するトミー・ジョンと骨棘除去の2つの手術を余儀なくされた。リハビリ中に体重は20キロ減。その後は思うような成績を残せず、14年オフに育成選手に降格となった。昨季は二軍で59試合、三軍で52試合に出場したが、一軍からはお呼びがかからず。この時、白根は決意した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

もっと見る