大抜擢で初先発初勝利 竜ドラ2佐藤優は先発転向まだ半月

公開日:  更新日:

「素直にうれしい。いろんなことを考えず、思い切って投げようと思った」

 中日のドラフト2位新人・佐藤優(22=東北福祉大)が10日のDeNA戦でプロ初先発。5回2安打1失点でプロ初勝利を挙げ、喜びをかみしめた。キャンプで友利投手コーチからツーシームを教わり、これがハマった。

 先発に故障者が続出する中で抜擢された。一軍キャンプに参加した佐藤は当初、リリーフ起用の方針だった。二軍スタートとなった開幕から6戦続けて中継ぎで登板したが、一軍の投手事情が苦しくなり、4月下旬から先発に挑戦。去る3日の社会人・七十七銀行戦で、7回を無失点に抑えて一軍切符を掴んだ。

 古川学園高(宮城)から東北福祉大を経て、プロ入り。高校、大学を通じて体重を約20キロ増量し、130キロそこそこだった球速は最速152キロまで伸びた。一方で、フィールディングが課題だったことは、本人も自覚していた。キャンプ中、不安を感じながら守備練習に臨んだ。バックを守る野手が気付かないはずがない。先輩野手から、こう声をかけられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る