19試合連続安打中 竜ナニータは昨季“残留直訴”した苦労人

公開日: 更新日:

 今季の中日は新助っ人のビシエド(27)が4番として大活躍を見せ、注目を集めている。そのビシエドと並んで、好調をキープしているのが5番を打つナニータ(34)だ。

 目下、19試合連続安打を継続中。打率.364は規定打席不足ながら、エルドレッド(広)の.374に次ぐ隠れ2位。早ければ10日からのDeNA3連戦中にも規定打席に到達する。ビシエドのマークを分散させる上でも、この5番の存在は大きい。

 開幕当初は控えも、バットでスタメンを勝ち取った。空振りが少なく、変化球打ちがうまいのが特徴。ナニータ本人も「どんな打席でも平常心で臨めている」と語る。左打ちながら左投手に打率.419と、左右を苦にしない。谷繁監督も「最短距離でボールに強くミートできる。珍しいタイプ」と評価している。

「昨季は打率.308をマークしながら、0本塁打。本塁打のない助っ人と再契約するのは異例です。昨年は左肘の遊離軟骨除去手術の影響で52試合にとどまったが、球団は日本野球への対応力の高さを考慮し、契約を更新する方向ではあった。それでも本人は手術後、球団幹部に『オフに体を仕上げるので、それを見て契約を更新するか判断してほしい』と直訴したという。実際、リハビリ中に増えた体重も含め、12キロの減量を成功させ、意欲を見せた」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る