19試合連続安打中 竜ナニータは昨季“残留直訴”した苦労人

公開日:  更新日:

 今季の中日は新助っ人のビシエド(27)が4番として大活躍を見せ、注目を集めている。そのビシエドと並んで、好調をキープしているのが5番を打つナニータ(34)だ。

 目下、19試合連続安打を継続中。打率.364は規定打席不足ながら、エルドレッド(広)の.374に次ぐ隠れ2位。早ければ10日からのDeNA3連戦中にも規定打席に到達する。ビシエドのマークを分散させる上でも、この5番の存在は大きい。

 開幕当初は控えも、バットでスタメンを勝ち取った。空振りが少なく、変化球打ちがうまいのが特徴。ナニータ本人も「どんな打席でも平常心で臨めている」と語る。左打ちながら左投手に打率.419と、左右を苦にしない。谷繁監督も「最短距離でボールに強くミートできる。珍しいタイプ」と評価している。

「昨季は打率.308をマークしながら、0本塁打。本塁打のない助っ人と再契約するのは異例です。昨年は左肘の遊離軟骨除去手術の影響で52試合にとどまったが、球団は日本野球への対応力の高さを考慮し、契約を更新する方向ではあった。それでも本人は手術後、球団幹部に『オフに体を仕上げるので、それを見て契約を更新するか判断してほしい』と直訴したという。実際、リハビリ中に増えた体重も含め、12キロの減量を成功させ、意欲を見せた」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る