セで初適用「コリジョンルール」 守備陣からは困惑の声

公開日: 更新日:

「僅差で得点圏に走者がいると、得点を防ごうと内外野が前進守備を敷くパターンが増えた。打球が外野の頭を越えて長打になるのが嫌だから、低めでゴロやポップフライを打たせようとするのですが、根気強く低めに投げ続けるのは簡単ではない。逆にカウントを悪くして四球を出したり、意識しすぎるがゆえの失投が多くなった」

 守る立場はどうか。広島の遊撃手・田中は言う。

「守備は位置取り、送球の判断などに神経を使います。走者一、三塁の場面での内野ゴロでは、本塁を諦めて併殺を取ることを優先する場合がある。前進守備を敷くことで、速いゴロ、バウンドの高いゴロが外野に抜けて1点を失うこともある」

 さらに田中は走者の立場として、こう続ける。

「二塁にいるケースで安打が出れば、去年までだったらアウトになるかな? というタイミングや、判断が遅れてしまった場合でも、今年はそのまま本塁を狙うことが増えている。完全にアウトのタイミングでもセーフになってしまうわけですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る