セで初適用「コリジョンルール」 守備陣からは困惑の声

公開日: 更新日:

「あれがセーフなら野球にならない」(某選手)

 セで初の「コリジョンルール」が適用された11日の阪神巨人戦。三回に阪神捕手の原口が本塁で走者小林をタッチし、一度はアウトとジャッジされたが、ビデオ判定の結果、捕球前から走路に入っていたとして、セーフに覆った。

 怒りが収まらない阪神は12日にNPBに意見書を提出。セの杵渕統括は適切な判断だったことを強調した。

 しかし、問題の映像や写真を見た各球団の選手、首脳陣からはブーイングの嵐だった。

 今季のプロ野球は大きく変わった。ルール導入が決まった当初からいわれていたように、セ・パともに得点数は昨年より大幅に増加している(セが1試合平均で約+0.59点。パが約+0.2点=12日現在)。

 中でも損害を被っているのは投手だ。ヤクルトのある投手は「自分たちが圧倒的に不利」と、嘆き節でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る