セで初適用「コリジョンルール」 守備陣からは困惑の声

公開日: 更新日:

「あれがセーフなら野球にならない」(某選手)

 セで初の「コリジョンルール」が適用された11日の阪神対巨人戦。三回に阪神捕手の原口が本塁で走者小林をタッチし、一度はアウトとジャッジされたが、ビデオ判定の結果、捕球前から走路に入っていたとして、セーフに覆った。

 怒りが収まらない阪神は12日にNPBに意見書を提出。セの杵渕統括は適切な判断だったことを強調した。

 しかし、問題の映像や写真を見た各球団の選手、首脳陣からはブーイングの嵐だった。

 今季のプロ野球は大きく変わった。ルール導入が決まった当初からいわれていたように、セ・パともに得点数は昨年より大幅に増加している(セが1試合平均で約+0.59点。パが約+0.2点=12日現在)。

 中でも損害を被っているのは投手だ。ヤクルトのある投手は「自分たちが圧倒的に不利」と、嘆き節でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る