• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セで初適用「コリジョンルール」 守備陣からは困惑の声

「あれがセーフなら野球にならない」(某選手)

 セで初の「コリジョンルール」が適用された11日の阪神対巨人戦。三回に阪神捕手の原口が本塁で走者小林をタッチし、一度はアウトとジャッジされたが、ビデオ判定の結果、捕球前から走路に入っていたとして、セーフに覆った。

 怒りが収まらない阪神は12日にNPBに意見書を提出。セの杵渕統括は適切な判断だったことを強調した。

 しかし、問題の映像や写真を見た各球団の選手、首脳陣からはブーイングの嵐だった。

 今季のプロ野球は大きく変わった。ルール導入が決まった当初からいわれていたように、セ・パともに得点数は昨年より大幅に増加している(セが1試合平均で約+0.59点。パが約+0.2点=12日現在)。

 中でも損害を被っているのは投手だ。ヤクルトのある投手は「自分たちが圧倒的に不利」と、嘆き節でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る