• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神に連勝の巨人・田口 “虎退治査定”で年棒大幅増の予感

 巨人の田口麗斗(20)がまたも虎狩りでチームの連敗を3で止めた。先発予定だった前日10日の阪神戦が雨天中止となり、当初は内海がスタンバイしていたこの日、プロ初のスライド先発。七回途中3安打1失点で今季2勝目を挙げた。

 4月27日にプロ初完投を飾ったのに続き、阪神戦は2連勝。いずれも敵地・甲子園というのも価値がある。新しい虎キラーの誕生にチームは大喜びである。

 昨季はそれが、助っ人ポレダの役目だった。成績は8勝8敗と貯金なしだったが、そのうち5勝を阪神戦で稼ぎ、契約延長を勝ち取っただけでなく、年俸も6300万円から1億6000万円に大幅アップした。「(阪神は)何となく抑えられるイメージがあるんだ」と言って臨んだ今季はその阪神戦で炎上するなど役割を全うできず、現在は二軍調整となっている。

「シーズンでは07年以来、阪神に負け越しがないとはいえ、2年前の14年のCSでは4連敗を食らっている。なんだかんだ言って、伝統の一戦といわれる阪神戦に強い選手は、巨人では評価される。特に敵地での戦い方を重視していた原前監督は、『異様な雰囲気の中で戦わなければならない甲子園で活躍してこそ、巨人のレギュラーなんだ』とナインにハッパをかけたこともあるほど。ポレダは阪神のおかげで年俸が1億円近く上がったようなものです。助っ人だから高卒3年目の田口とは比較はできないが、今季の成績次第では、田口も1800万円からの『虎退治査定』はあると思います」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る