阪神に連勝の巨人・田口 “虎退治査定”で年棒大幅増の予感

公開日:  更新日:

 巨人の田口麗斗(20)がまたも虎狩りでチームの連敗を3で止めた。先発予定だった前日10日の阪神戦が雨天中止となり、当初は内海がスタンバイしていたこの日、プロ初のスライド先発。七回途中3安打1失点で今季2勝目を挙げた。

 4月27日にプロ初完投を飾ったのに続き、阪神戦は2連勝。いずれも敵地・甲子園というのも価値がある。新しい虎キラーの誕生にチームは大喜びである。

 昨季はそれが、助っ人ポレダの役目だった。成績は8勝8敗と貯金なしだったが、そのうち5勝を阪神戦で稼ぎ、契約延長を勝ち取っただけでなく、年俸も6300万円から1億6000万円に大幅アップした。「(阪神は)何となく抑えられるイメージがあるんだ」と言って臨んだ今季はその阪神戦で炎上するなど役割を全うできず、現在は二軍調整となっている。

「シーズンでは07年以来、阪神に負け越しがないとはいえ、2年前の14年のCSでは4連敗を食らっている。なんだかんだ言って、伝統の一戦といわれる阪神戦に強い選手は、巨人では評価される。特に敵地での戦い方を重視していた原前監督は、『異様な雰囲気の中で戦わなければならない甲子園で活躍してこそ、巨人のレギュラーなんだ』とナインにハッパをかけたこともあるほど。ポレダは阪神のおかげで年俸が1億円近く上がったようなものです。助っ人だから高卒3年目の田口とは比較はできないが、今季の成績次第では、田口も1800万円からの『虎退治査定』はあると思います」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る