• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神に連勝の巨人・田口 “虎退治査定”で年棒大幅増の予感

 巨人の田口麗斗(20)がまたも虎狩りでチームの連敗を3で止めた。先発予定だった前日10日の阪神戦が雨天中止となり、当初は内海がスタンバイしていたこの日、プロ初のスライド先発。七回途中3安打1失点で今季2勝目を挙げた。

 4月27日にプロ初完投を飾ったのに続き、阪神戦は2連勝。いずれも敵地・甲子園というのも価値がある。新しい虎キラーの誕生にチームは大喜びである。

 昨季はそれが、助っ人ポレダの役目だった。成績は8勝8敗と貯金なしだったが、そのうち5勝を阪神戦で稼ぎ、契約延長を勝ち取っただけでなく、年俸も6300万円から1億6000万円に大幅アップした。「(阪神は)何となく抑えられるイメージがあるんだ」と言って臨んだ今季はその阪神戦で炎上するなど役割を全うできず、現在は二軍調整となっている。

「シーズンでは07年以来、阪神に負け越しがないとはいえ、2年前の14年のCSでは4連敗を食らっている。なんだかんだ言って、伝統の一戦といわれる阪神戦に強い選手は、巨人では評価される。特に敵地での戦い方を重視していた原前監督は、『異様な雰囲気の中で戦わなければならない甲子園で活躍してこそ、巨人のレギュラーなんだ』とナインにハッパをかけたこともあるほど。ポレダは阪神のおかげで年俸が1億円近く上がったようなものです。助っ人だから高卒3年目の田口とは比較はできないが、今季の成績次第では、田口も1800万円からの『虎退治査定』はあると思います」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る