阪神に連勝の巨人・田口 “虎退治査定”で年棒大幅増の予感

公開日: 更新日:

 巨人の田口麗斗(20)がまたも虎狩りでチームの連敗を3で止めた。先発予定だった前日10日の阪神戦が雨天中止となり、当初は内海がスタンバイしていたこの日、プロ初のスライド先発。七回途中3安打1失点で今季2勝目を挙げた。

 4月27日にプロ初完投を飾ったのに続き、阪神戦は2連勝。いずれも敵地・甲子園というのも価値がある。新しい虎キラーの誕生にチームは大喜びである。

 昨季はそれが、助っ人ポレダの役目だった。成績は8勝8敗と貯金なしだったが、そのうち5勝を阪神戦で稼ぎ、契約延長を勝ち取っただけでなく、年俸も6300万円から1億6000万円に大幅アップした。「(阪神は)何となく抑えられるイメージがあるんだ」と言って臨んだ今季はその阪神戦で炎上するなど役割を全うできず、現在は二軍調整となっている。

「シーズンでは07年以来、阪神に負け越しがないとはいえ、2年前の14年のCSでは4連敗を食らっている。なんだかんだ言って、伝統の一戦といわれる阪神戦に強い選手は、巨人では評価される。特に敵地での戦い方を重視していた原前監督は、『異様な雰囲気の中で戦わなければならない甲子園で活躍してこそ、巨人のレギュラーなんだ』とナインにハッパをかけたこともあるほど。ポレダは阪神のおかげで年俸が1億円近く上がったようなものです。助っ人だから高卒3年目の田口とは比較はできないが、今季の成績次第では、田口も1800万円からの『虎退治査定』はあると思います」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る