監督“温情”でベイ相手に 巨人・内海「背水の陣」初登板へ

公開日: 更新日:

 巨人の元エースが17日、崖っぷちのマウンドに上がる。

 今季初登板の内海哲也(34)である。オープン戦で防御率10点台と打ち込まれ、二軍で調整していた。二軍でも防御率は4点台。それでも先発陣が苦しく、高橋由伸監督(41)の希望もあってお呼びがかかった。しかし、前回登板予定だった11日の阪神戦(甲子園)に田口がスライド。先発が吹っ飛んでいた。

 今季初登板が阪神戦の次カードのヤクルト戦ではなく、2カード後にズレ込んだのは、このベテランを菅野と共に投手陣のキーマンに指名していた高橋監督の「温情」ともっぱらだ。内海と近しい関係者からは「最初の登板はよく打つヤクルトではなく、打線が弱いDeNA戦で自信をつけさせるためでは」との声が聞こえる。

 確かに16日現在、ヤクルトのチーム打率は.264、DeNAは.233とその差は歴然。そのうえ、内海はDeNAとその前身の横浜から通算23勝と長らく「カモ」にしてきた。高橋監督はそんな相性も考慮してくれたのだろう。が、だから軽~くひねって先発ローテーション入り! なんて甘い話でもなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    【大阪】元府知事でも…太田房江が総スカンで得票激減か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る