監督“温情”でベイ相手に 巨人・内海「背水の陣」初登板へ

公開日:  更新日:

 巨人の元エースが17日、崖っぷちのマウンドに上がる。

 今季初登板の内海哲也(34)である。オープン戦で防御率10点台と打ち込まれ、二軍で調整していた。二軍でも防御率は4点台。それでも先発陣が苦しく、高橋由伸監督(41)の希望もあってお呼びがかかった。しかし、前回登板予定だった11日の阪神戦(甲子園)に田口がスライド。先発が吹っ飛んでいた。

 今季初登板が阪神戦の次カードのヤクルト戦ではなく、2カード後にズレ込んだのは、このベテランを菅野と共に投手陣のキーマンに指名していた高橋監督の「温情」ともっぱらだ。内海と近しい関係者からは「最初の登板はよく打つヤクルトではなく、打線が弱いDeNA戦で自信をつけさせるためでは」との声が聞こえる。

 確かに16日現在、ヤクルトのチーム打率は.264、DeNAは.233とその差は歴然。そのうえ、内海はDeNAとその前身の横浜から通算23勝と長らく「カモ」にしてきた。高橋監督はそんな相性も考慮してくれたのだろう。が、だから軽~くひねって先発ローテーション入り! なんて甘い話でもなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る