“背信”の内海に「期待している」 巨人由伸監督の本音と建前

公開日: 更新日:

 初回からボコボコだった。巨人内海哲也(33)が16日のヤクルトとのオープン戦に先発。四回途中8失点と炎上し、「あんなに打たれて何もない」とうなだれた。

 一回、いきなり川端、山田に連打を食らうと、雄平と坂口に適時打を許し2失点。三回には川端に右越えソロを浴びるなど2点を失い、四回にも先頭からの連打と押し出し四球が絡んで4失点。この回途中でKOとなった。

 前回6日の阪神戦でも4回10安打6失点と大乱調。高橋由伸監督(40)に「次は結果が必要」と言われていた。今回は開幕ローテーション入りの最終テストだったが、3回3分の1を10安打3四球8失点という散々な内容。高橋監督は「結果としてはちょっといいとは言えない。先発入り? その辺はちょっと」と明言を避けたものの、先発ローテ最後の6枠目入りは絶望となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る