• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“背信”の内海に「期待している」 巨人由伸監督の本音と建前

 初回からボコボコだった。巨人の内海哲也(33)が16日のヤクルトとのオープン戦に先発。四回途中8失点と炎上し、「あんなに打たれて何もない」とうなだれた。

 一回、いきなり川端、山田に連打を食らうと、雄平と坂口に適時打を許し2失点。三回には川端に右越えソロを浴びるなど2点を失い、四回にも先頭からの連打と押し出し四球が絡んで4失点。この回途中でKOとなった。

 前回6日の阪神戦でも4回10安打6失点と大乱調。高橋由伸監督(40)に「次は結果が必要」と言われていた。今回は開幕ローテーション入りの最終テストだったが、3回3分の1を10安打3四球8失点という散々な内容。高橋監督は「結果としてはちょっといいとは言えない。先発入り? その辺はちょっと」と明言を避けたものの、先発ローテ最後の6枠目入りは絶望となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る