松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

琴勇輝は「ほう!」封印 白鵬のワガママは野放しのまま?

公開日:  更新日:

 関脇・琴勇輝が「ほう!」を封印した。

 制限時間いっぱいになってさあ立ち合い、蹲踞して立ち上がる直前に、自分に気合を入れるために、「ほう!」と吠えるのが彼のルーティンだった。審判部じゃ相撲は神事だから土俵の中では神妙にせよ、ということらしい。

 キーワードは「土俵の中」。ということは……土俵の外ならよいのだな。引退した高見盛の「ハッ! ハッ! ハッ!」も塩を取りぎわ、土俵の外だし、あおむけにひっくり返ったら危ねえだろうにと(実はちょっと)心配していた琴奨菊のエビ反りも、塩を取りぎわ、土俵の外だからいいのだな。

 力士会の寄り合いで白鵬からもクレームが出たそうだ。

「犬じゃあるまいし、吠えるのはよせ」

 モンゴルじゃ犬は「ほう!」と吠えるらしい。ほう? 知らんかったぜ。白鵬が言うと横やりに聞こえる。許せよ大横綱。判官びいきで弱い角力の味方させてもらうぜ。押しても引いても飛んでも勝てない大横綱にエイヤッと突っかかっていく直前の気合だ。「ほう!」ぐれえ許してやる度量もねえのかい。背が小さいわけでも軽いわけでもなかろうに、てめえだってときどき立ち合いで飛ぶくせによ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る