松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

琴勇輝は「ほう!」封印 白鵬のワガママは野放しのまま?

公開日:  更新日:

 関脇・琴勇輝が「ほう!」を封印した。

 制限時間いっぱいになってさあ立ち合い、蹲踞して立ち上がる直前に、自分に気合を入れるために、「ほう!」と吠えるのが彼のルーティンだった。審判部じゃ相撲は神事だから土俵の中では神妙にせよ、ということらしい。

 キーワードは「土俵の中」。ということは……土俵の外ならよいのだな。引退した高見盛の「ハッ! ハッ! ハッ!」も塩を取りぎわ、土俵の外だし、あおむけにひっくり返ったら危ねえだろうにと(実はちょっと)心配していた琴奨菊のエビ反りも、塩を取りぎわ、土俵の外だからいいのだな。

 力士会の寄り合いで白鵬からもクレームが出たそうだ。

「犬じゃあるまいし、吠えるのはよせ」

 モンゴルじゃ犬は「ほう!」と吠えるらしい。ほう? 知らんかったぜ。白鵬が言うと横やりに聞こえる。許せよ大横綱。判官びいきで弱い角力の味方させてもらうぜ。押しても引いても飛んでも勝てない大横綱にエイヤッと突っかかっていく直前の気合だ。「ほう!」ぐれえ許してやる度量もねえのかい。背が小さいわけでも軽いわけでもなかろうに、てめえだってときどき立ち合いで飛ぶくせによ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る