• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

琴勇輝は「ほう!」封印 白鵬のワガママは野放しのまま?

 関脇・琴勇輝が「ほう!」を封印した。

 制限時間いっぱいになってさあ立ち合い、蹲踞して立ち上がる直前に、自分に気合を入れるために、「ほう!」と吠えるのが彼のルーティンだった。審判部じゃ相撲は神事だから土俵の中では神妙にせよ、ということらしい。

 キーワードは「土俵の中」。ということは……土俵の外ならよいのだな。引退した高見盛の「ハッ! ハッ! ハッ!」も塩を取りぎわ、土俵の外だし、あおむけにひっくり返ったら危ねえだろうにと(実はちょっと)心配していた琴奨菊のエビ反りも、塩を取りぎわ、土俵の外だからいいのだな。

 力士会の寄り合いで白鵬からもクレームが出たそうだ。

「犬じゃあるまいし、吠えるのはよせ」

 モンゴルじゃ犬は「ほう!」と吠えるらしい。ほう? 知らんかったぜ。白鵬が言うと横やりに聞こえる。許せよ大横綱。判官びいきで弱い角力の味方させてもらうぜ。押しても引いても飛んでも勝てない大横綱にエイヤッと突っかかっていく直前の気合だ。「ほう!」ぐれえ許してやる度量もねえのかい。背が小さいわけでも軽いわけでもなかろうに、てめえだってときどき立ち合いで飛ぶくせによ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る