松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

琴勇輝は「ほう!」封印 白鵬のワガママは野放しのまま?

公開日: 更新日:

 関脇・琴勇輝が「ほう!」を封印した。

 制限時間いっぱいになってさあ立ち合い、蹲踞して立ち上がる直前に、自分に気合を入れるために、「ほう!」と吠えるのが彼のルーティンだった。審判部じゃ相撲は神事だから土俵の中では神妙にせよ、ということらしい。

 キーワードは「土俵の中」。ということは……土俵の外ならよいのだな。引退した高見盛の「ハッ! ハッ! ハッ!」も塩を取りぎわ、土俵の外だし、あおむけにひっくり返ったら危ねえだろうにと(実はちょっと)心配していた琴奨菊のエビ反りも、塩を取りぎわ、土俵の外だからいいのだな。

 力士会の寄り合いで白鵬からもクレームが出たそうだ。

「犬じゃあるまいし、吠えるのはよせ」

 モンゴルじゃ犬は「ほう!」と吠えるらしい。ほう? 知らんかったぜ。白鵬が言うと横やりに聞こえる。許せよ大横綱。判官びいきで弱い角力の味方させてもらうぜ。押しても引いても飛んでも勝てない大横綱にエイヤッと突っかかっていく直前の気合だ。「ほう!」ぐれえ許してやる度量もねえのかい。背が小さいわけでも軽いわけでもなかろうに、てめえだってときどき立ち合いで飛ぶくせによ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る