負け越しでV逸75%…巨人を悩ます対DeNAの“嫌なデータ”

公開日: 更新日:

 首位巨人が最下位DeNAに東北シリーズで連敗を食らった。

 DeNAは昨年まで「投壊」が代名詞のチーム。それが今季は3.11と12球団トップの防御率を誇る。先発の井納、今永は防御率1点台。この日の先発・石田も7回4安打無失点と危なげなく、4勝目を挙げた。DeNAのローテーションが6枚しっかり揃っているなんて、巨人の高橋監督には誤算だろう。

 開幕前、巨人のスコアラーは「DeNAとはいつも乱打戦になる。打ち負けないようにしないといけない」と打線を警戒。確かに昨季までは乱打戦が多かった。そのイメージに引きずられ、DeNAの投手陣が整備されたことを把握しきれていなかったのだ。前日は1-7、この日は0-1。巨人はDeNAとのこの2試合でわずか1得点である。

 これで今季の対戦成績も3勝4敗1分けと逆転された。前身の横浜を含め、長年DeNAは“カモ”だった。この20年間で勝ち越せなかった年は、五分を入れてもたったの4度しかない。14年=11勝13敗=1位、05年=6勝16敗=5位、04年=14勝14敗=3位、98年=12勝15敗=3位。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る