負け越しでV逸75%…巨人を悩ます対DeNAの“嫌なデータ”

公開日:  更新日:

 首位巨人が最下位DeNAに東北シリーズで連敗を食らった。

 DeNAは昨年まで「投壊」が代名詞のチーム。それが今季は3.11と12球団トップの防御率を誇る。先発の井納、今永は防御率1点台。この日の先発・石田も7回4安打無失点と危なげなく、4勝目を挙げた。DeNAのローテーションが6枚しっかり揃っているなんて、巨人の高橋監督には誤算だろう。

 開幕前、巨人のスコアラーは「DeNAとはいつも乱打戦になる。打ち負けないようにしないといけない」と打線を警戒。確かに昨季までは乱打戦が多かった。そのイメージに引きずられ、DeNAの投手陣が整備されたことを把握しきれていなかったのだ。前日は1-7、この日は0-1。巨人はDeNAとのこの2試合でわずか1得点である。

 これで今季の対戦成績も3勝4敗1分けと逆転された。前身の横浜を含め、長年DeNAは“カモ”だった。この20年間で勝ち越せなかった年は、五分を入れてもたったの4度しかない。14年=11勝13敗=1位、05年=6勝16敗=5位、04年=14勝14敗=3位、98年=12勝15敗=3位。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る