負け越しでV逸75%…巨人を悩ます対DeNAの“嫌なデータ”

公開日:  更新日:

 首位巨人が最下位DeNAに東北シリーズで連敗を食らった。

 DeNAは昨年まで「投壊」が代名詞のチーム。それが今季は3.11と12球団トップの防御率を誇る。先発の井納、今永は防御率1点台。この日の先発・石田も7回4安打無失点と危なげなく、4勝目を挙げた。DeNAのローテーションが6枚しっかり揃っているなんて、巨人の高橋監督には誤算だろう。

 開幕前、巨人のスコアラーは「DeNAとはいつも乱打戦になる。打ち負けないようにしないといけない」と打線を警戒。確かに昨季までは乱打戦が多かった。そのイメージに引きずられ、DeNAの投手陣が整備されたことを把握しきれていなかったのだ。前日は1-7、この日は0-1。巨人はDeNAとのこの2試合でわずか1得点である。

 これで今季の対戦成績も3勝4敗1分けと逆転された。前身の横浜を含め、長年DeNAは“カモ”だった。この20年間で勝ち越せなかった年は、五分を入れてもたったの4度しかない。14年=11勝13敗=1位、05年=6勝16敗=5位、04年=14勝14敗=3位、98年=12勝15敗=3位。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る