全試合で失点…巨人“開幕4連勝”で露呈したリリーフ陣不安

公開日: 更新日:

「リリーフ陣が崩れた? そんなに……そこまで言うほどでもないんじゃないですかね」

 逆転で開幕からの連勝が4で止まった30日のDeNA戦。試合後、巨人高橋由伸監督(40)はこう言って平静を装ったが、監督としての初黒星は決して後味のいいものではなかったろう。

 3点を先制しながら、五回に初先発のドラ1新人・桜井(22=立命大)がつかまった。5連打と死球で同点とされ、なおも1死満塁のピンチを招いたところで降板。2番手の戸根が押し出し死球で勝ち越しを許すと、七回には3番手の今村がダメ押しの2点を失った。

「開幕前から懸念されていたリリーフの不安が露呈しましたね。巨人は開幕3連勝後、ウーゴと長谷川という育成2選手を支配下登録した。唐突な感じがしたが、それだけ後ろの投手に不安を感じている証拠です。野球賭博4投手が解雇され、ただでさえ左投手と救援陣が手薄になった。連勝中もリリーフ投手はピリッとしてませんでしたからね。高橋監督も頭を痛めているはずですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る