全試合で失点…巨人“開幕4連勝”で露呈したリリーフ陣不安

公開日: 更新日:

「リリーフ陣が崩れた? そんなに……そこまで言うほどでもないんじゃないですかね」

 逆転で開幕からの連勝が4で止まった30日のDeNA戦。試合後、巨人の高橋由伸監督(40)はこう言って平静を装ったが、監督としての初黒星は決して後味のいいものではなかったろう。

 3点を先制しながら、五回に初先発のドラ1新人・桜井(22=立命大)がつかまった。5連打と死球で同点とされ、なおも1死満塁のピンチを招いたところで降板。2番手の戸根が押し出し死球で勝ち越しを許すと、七回には3番手の今村がダメ押しの2点を失った。

「開幕前から懸念されていたリリーフの不安が露呈しましたね。巨人は開幕3連勝後、ウーゴと長谷川という育成2選手を支配下登録した。唐突な感じがしたが、それだけ後ろの投手に不安を感じている証拠です。野球賭博4投手が解雇され、ただでさえ左投手と救援陣が手薄になった。連勝中もリリーフ投手はピリッとしてませんでしたからね。高橋監督も頭を痛めているはずですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る