全試合で失点…巨人“開幕4連勝”で露呈したリリーフ陣不安

公開日:  更新日:

「リリーフ陣が崩れた? そんなに……そこまで言うほどでもないんじゃないですかね」

 逆転で開幕からの連勝が4で止まった30日のDeNA戦。試合後、巨人の高橋由伸監督(40)はこう言って平静を装ったが、監督としての初黒星は決して後味のいいものではなかったろう。

 3点を先制しながら、五回に初先発のドラ1新人・桜井(22=立命大)がつかまった。5連打と死球で同点とされ、なおも1死満塁のピンチを招いたところで降板。2番手の戸根が押し出し死球で勝ち越しを許すと、七回には3番手の今村がダメ押しの2点を失った。

「開幕前から懸念されていたリリーフの不安が露呈しましたね。巨人は開幕3連勝後、ウーゴと長谷川という育成2選手を支配下登録した。唐突な感じがしたが、それだけ後ろの投手に不安を感じている証拠です。野球賭博4投手が解雇され、ただでさえ左投手と救援陣が手薄になった。連勝中もリリーフ投手はピリッとしてませんでしたからね。高橋監督も頭を痛めているはずですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る