• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阿部、坂本、西岡、大野…各球団主力“ケガ続出”の真犯人

 今年のプロ野球は「ケガ人」が多い。

 巨人は、阿部が開幕前から右肩痛で二軍暮らしが続き、坂本は開幕直後に下半身のコンディション不良で5試合、スタメン落ちした。阪神は福留が先日、スタメン復帰を果たしたものの、右太もも裏痛で代打起用が続き、西岡は左太もも裏痛で登録抹消された。昨年セ・リーグ覇者のヤクルトも、畠山が背中の痛みで二軍落ち。館山が右肘の関節遊離体摘出、クリーニング手術で全治6週間となっている。

 これ以外にもDeNA・梶谷(左脇腹肉離れ)、中日・大野(左肘違和感)、広島・ルナ(右太もも裏筋挫傷)、楽天・今江(左尺骨骨挫傷)、オリックス・中島(右ふくらはぎ痛)、西武・岸(右足内転筋痛)と枚挙にいとまがない。

 今江のような死球による故障、館山のように手術を要する大ケガは別にして、投手、野手ともにプレー中の故障が多い。巨人の坂本は安打で一塁に走った際に足を痛めたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る