阿部、坂本、西岡、大野…各球団主力“ケガ続出”の真犯人

公開日:  更新日:

 今年のプロ野球は「ケガ人」が多い。

 巨人は、阿部が開幕前から右肩痛で二軍暮らしが続き、坂本は開幕直後に下半身のコンディション不良で5試合、スタメン落ちした。阪神は福留が先日、スタメン復帰を果たしたものの、右太もも裏痛で代打起用が続き、西岡は左太もも裏痛で登録抹消された。昨年セ・リーグ覇者のヤクルトも、畠山が背中の痛みで二軍落ち。館山が右肘の関節遊離体摘出、クリーニング手術で全治6週間となっている。

 これ以外にもDeNA・梶谷(左脇腹肉離れ)、中日・大野(左肘違和感)、広島・ルナ(右太もも裏筋挫傷)、楽天・今江(左尺骨骨挫傷)、オリックス・中島(右ふくらはぎ痛)、西武・岸(右足内転筋痛)と枚挙にいとまがない。

 今江のような死球による故障、館山のように手術を要する大ケガは別にして、投手、野手ともにプレー中の故障が多い。巨人の坂本は安打で一塁に走った際に足を痛めたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る