キーマン梶谷開幕アウトも大丈夫 今季のベイは投手陣牽引

公開日:  更新日:

 開幕直前に悪いニュースだ。17日、キャンプ中に左脇腹の肉離れで離脱したDeNAの梶谷隆幸(27)が開幕に間に合わないことが、高田GMによって明らかにされた。

 梶谷はラミレス体制となった今季のキーマン。走攻守でレベルが高く、2番に置くことで攻撃野球を展開したいと考えていた。

 昨年は、筒香、梶谷を中心としたリーグ屈指の打線が前半戦の快進撃を牽引したわけだが、ある横浜OBは、「昨年よりも打線の破壊力は落ちるものの、投手陣は昨年よりもいい。そんなに大崩れすることはないと思う」と言って、こう続ける。

「先発は開幕投手の山口をはじめ、ドラ1左腕の今永(駒大)、井納、久保康、モスコーソは確定。6番手をペトリック、三嶋が争う構図で、先発ローテが6人揃って開幕を迎えるのは近年にはなかったこと。大ベテランの三浦が入る余地がないほどだ。中でも、今永に対する他球団の評価は非常に高い。ボールのキレ、コントロールを見ても、1年目から2ケタは勝つとみる者は多い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る