キーマン梶谷開幕アウトも大丈夫 今季のベイは投手陣牽引

公開日: 更新日:

 開幕直前に悪いニュースだ。17日、キャンプ中に左脇腹の肉離れで離脱したDeNAの梶谷隆幸(27)が開幕に間に合わないことが、高田GMによって明らかにされた。

 梶谷はラミレス体制となった今季のキーマン。走攻守でレベルが高く、2番に置くことで攻撃野球を展開したいと考えていた。

 昨年は、筒香、梶谷を中心としたリーグ屈指の打線が前半戦の快進撃を牽引したわけだが、ある横浜OBは、「昨年よりも打線の破壊力は落ちるものの、投手陣は昨年よりもいい。そんなに大崩れすることはないと思う」と言って、こう続ける。

「先発は開幕投手の山口をはじめ、ドラ1左腕の今永(駒大)、井納、久保康、モスコーソは確定。6番手をペトリック、三嶋が争う構図で、先発ローテが6人揃って開幕を迎えるのは近年にはなかったこと。大ベテランの三浦が入る余地がないほどだ。中でも、今永に対する他球団の評価は非常に高い。ボールのキレ、コントロールを見ても、1年目から2ケタは勝つとみる者は多い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る