• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キーマン梶谷開幕アウトも大丈夫 今季のベイは投手陣牽引

 開幕直前に悪いニュースだ。17日、キャンプ中に左脇腹の肉離れで離脱したDeNAの梶谷隆幸(27)が開幕に間に合わないことが、高田GMによって明らかにされた。

 梶谷はラミレス体制となった今季のキーマン。走攻守でレベルが高く、2番に置くことで攻撃野球を展開したいと考えていた。

 昨年は、筒香、梶谷を中心としたリーグ屈指の打線が前半戦の快進撃を牽引したわけだが、ある横浜OBは、「昨年よりも打線の破壊力は落ちるものの、投手陣は昨年よりもいい。そんなに大崩れすることはないと思う」と言って、こう続ける。

「先発は開幕投手の山口をはじめ、ドラ1左腕の今永(駒大)、井納、久保康、モスコーソは確定。6番手をペトリック、三嶋が争う構図で、先発ローテが6人揃って開幕を迎えるのは近年にはなかったこと。大ベテランの三浦が入る余地がないほどだ。中でも、今永に対する他球団の評価は非常に高い。ボールのキレ、コントロールを見ても、1年目から2ケタは勝つとみる者は多い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る