ひさびさ日本人三つ巴も 鈴木愛が図らず吐露した技術不足

公開日:  更新日:

【ブリヂストンレディス】
 
 鈴木愛(22)が三つ巴のプレーオフを制し、2014年の日本女子プロ選手権以来となるツアー通算2勝目、今季初勝利を挙げた。

 鈴木は17番までに通算10アンダーとして、先にホールアウトした藤本麻子(25)、上原美希(27)に1打リードして最終18番(373ヤード)を迎えた。

 ピン位置はグリーン左奥で、手前に深いバンカー、左サイドには池。さらにグリーン左奥斜面はラフが短く刈り込まれて、少しでもオーバーすると池に転がり落ちてしまう危険があった。

 狙い目は上り傾斜のピン手前だが、落としどころは狭く、ピン上は下り傾斜になっていて、パットのラインは難しくなる。

 鈴木の本戦18番の1打目はフェアウエー左サイド。ところが2打目は主催者の思惑通りグリーンから、芝を刈り込んだ左奥にこぼれ落ち、池の手前ギリギリのところで止まった。ボールはラテラルウオーターハザード内の岩の上にあり、3打目はピンを20メートル以上もオーバーした。このピンチは2パットボギーで切り抜けたが、パーフィニッシュなら楽勝だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る