ひさびさ日本人三つ巴も 鈴木愛が図らず吐露した技術不足

公開日: 更新日:

【ブリヂストンレディス】
 
 鈴木愛(22)が三つ巴のプレーオフを制し、2014年の日本女子プロ選手権以来となるツアー通算2勝目、今季初勝利を挙げた。

 鈴木は17番までに通算10アンダーとして、先にホールアウトした藤本麻子(25)、上原美希(27)に1打リードして最終18番(373ヤード)を迎えた。

 ピン位置はグリーン左奥で、手前に深いバンカー、左サイドには池。さらにグリーン左奥斜面はラフが短く刈り込まれて、少しでもオーバーすると池に転がり落ちてしまう危険があった。

 狙い目は上り傾斜のピン手前だが、落としどころは狭く、ピン上は下り傾斜になっていて、パットのラインは難しくなる。

 鈴木の本戦18番の1打目はフェアウエー左サイド。ところが2打目は主催者の思惑通りグリーンから、芝を刈り込んだ左奥にこぼれ落ち、池の手前ギリギリのところで止まった。ボールはラテラルウオーターハザード内の岩の上にあり、3打目はピンを20メートル以上もオーバーした。このピンチは2パットボギーで切り抜けたが、パーフィニッシュなら楽勝だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る