ひさびさ日本人三つ巴も 鈴木愛が図らず吐露した技術不足

公開日:  更新日:

【ブリヂストンレディス】
 
 鈴木愛(22)が三つ巴のプレーオフを制し、2014年の日本女子プロ選手権以来となるツアー通算2勝目、今季初勝利を挙げた。

 鈴木は17番までに通算10アンダーとして、先にホールアウトした藤本麻子(25)、上原美希(27)に1打リードして最終18番(373ヤード)を迎えた。

 ピン位置はグリーン左奥で、手前に深いバンカー、左サイドには池。さらにグリーン左奥斜面はラフが短く刈り込まれて、少しでもオーバーすると池に転がり落ちてしまう危険があった。

 狙い目は上り傾斜のピン手前だが、落としどころは狭く、ピン上は下り傾斜になっていて、パットのラインは難しくなる。

 鈴木の本戦18番の1打目はフェアウエー左サイド。ところが2打目は主催者の思惑通りグリーンから、芝を刈り込んだ左奥にこぼれ落ち、池の手前ギリギリのところで止まった。ボールはラテラルウオーターハザード内の岩の上にあり、3打目はピンを20メートル以上もオーバーした。このピンチは2パットボギーで切り抜けたが、パーフィニッシュなら楽勝だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る