「緊張感なさすぎる」 女子プロに相次ぐ“失格処分”に苦言

公開日: 更新日:

 単なる失格処分で済む問題ではない。

 先週の女子大会でプロ11年目の福田裕子(34)が初日、遅刻で失格処分となった。大阪府内の自宅から兵庫県内の会場に向かう途中、渋滞に巻き込まれた。午前7時48分のスタート時間に間に合わず、ゴルフ規則6-3a「スタート時間」に抵触した。約15分遅れて会場に到着した福田は、「いかなる理由でも遅刻した自分が悪い」と頭を下げたが、遅刻による失格はデータの残る90年以降、初めて。

 この大会ではあろうことか、プロ3年目の鬼頭桜(21)も失格している。初日の10番パー5で残り20ヤードの第3打を直接カップに放り込み、チップインイーグルを決めた。ところがボールはカップに完全に入っておらず、鬼頭はボールがカップの縁から上に出ている状態で拾い上げた。これが規則17-4「旗竿に寄りかかっている球」、同3-2「ホールアウトの不履行」に抵触。この場合、ピンを揺らすなどしてボールをカップに落とさなければならないのに、鬼頭はルールを知らなかったのだ。ギャラリーからの指摘でルール違反が発覚し、大会2日目に失格処分となった。鬼頭は「自分が(ルールを)知らなかったことが、すごく悔しい。(ホールアウトの完了を)気にしたこともなかった」と、ルール無知を認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る