「緊張感なさすぎる」 女子プロに相次ぐ“失格処分”に苦言

公開日:  更新日:

 単なる失格処分で済む問題ではない。

 先週の女子大会でプロ11年目の福田裕子(34)が初日、遅刻で失格処分となった。大阪府内の自宅から兵庫県内の会場に向かう途中、渋滞に巻き込まれた。午前7時48分のスタート時間に間に合わず、ゴルフ規則6-3a「スタート時間」に抵触した。約15分遅れて会場に到着した福田は、「いかなる理由でも遅刻した自分が悪い」と頭を下げたが、遅刻による失格はデータの残る90年以降、初めて。

 この大会ではあろうことか、プロ3年目の鬼頭桜(21)も失格している。初日の10番パー5で残り20ヤードの第3打を直接カップに放り込み、チップインイーグルを決めた。ところがボールはカップに完全に入っておらず、鬼頭はボールがカップの縁から上に出ている状態で拾い上げた。これが規則17-4「旗竿に寄りかかっている球」、同3-2「ホールアウトの不履行」に抵触。この場合、ピンを揺らすなどしてボールをカップに落とさなければならないのに、鬼頭はルールを知らなかったのだ。ギャラリーからの指摘でルール違反が発覚し、大会2日目に失格処分となった。鬼頭は「自分が(ルールを)知らなかったことが、すごく悔しい。(ホールアウトの完了を)気にしたこともなかった」と、ルール無知を認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る