• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また韓国勢上位独占 国内女子プロは「外国人枠」の転換期

【ほけんの窓口レディース】

 韓国人プロが圧倒的に強い女子大会だから、申ジエ(28)の日本ツアー11勝目には格段の驚きもない。それでも優勝争いに日本人プロが一人も絡まなかったのは情けないを通り越して、あきれるばかりだ。

 最終日最終組は勝った申とイ・ボミ(27)、キム・ハヌル(27)の韓国人プロ3人。ソウル五輪開催の1988年生まれの同い年であり、パルパル世代と呼ばれ、メジャー7勝の朴仁妃もそうだ。ジュニア時代から国家を挙げてのスパルタ指導を受けて強くなり、今では世界中で活躍している。

 今季日本ツアーは10試合を消化して韓国人プロが4勝(その他外国人2勝)。賞金ランクは申がトップに躍り出て、ランク2位キム、3位ボミと3人が上位を独占した。

 申はこの日、スロープレーから8番ホールでイエローカードが出たが、そんな警告はどこ吹く風で動揺もなく、ふてぶてしかった。ボミもキムも試合中に白い歯を見せてよく笑った。キムが「会話があって楽しかったです」といえば、ボミも「結構しゃべりながら」と和気あいあいだったのがよくわかる。口を引き締めてのシビアな戦いではなかっただけに、余計に腹立たしくなる。とはいえ日本勢トップの笠りつ子が4アンダー4位だけに、どう逆立ちしてもかなわないのは明白だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る