また韓国勢上位独占 国内女子プロは「外国人枠」の転換期

公開日: 更新日:

【ほけんの窓口レディース】

 韓国人プロが圧倒的に強い女子大会だから、申ジエ(28)の日本ツアー11勝目には格段の驚きもない。それでも優勝争いに日本人プロが一人も絡まなかったのは情けないを通り越して、あきれるばかりだ。

 最終日最終組は勝った申とイ・ボミ(27)、キム・ハヌル(27)の韓国人プロ3人。ソウル五輪開催の1988年生まれの同い年であり、パルパル世代と呼ばれ、メジャー7勝の朴仁妃もそうだ。ジュニア時代から国家を挙げてのスパルタ指導を受けて強くなり、今では世界中で活躍している。

 今季日本ツアーは10試合を消化して韓国人プロが4勝(その他外国人2勝)。賞金ランクは申がトップに躍り出て、ランク2位キム、3位ボミと3人が上位を独占した。

 申はこの日、スロープレーから8番ホールでイエローカードが出たが、そんな警告はどこ吹く風で動揺もなく、ふてぶてしかった。ボミもキムも試合中に白い歯を見せてよく笑った。キムが「会話があって楽しかったです」といえば、ボミも「結構しゃべりながら」と和気あいあいだったのがよくわかる。口を引き締めてのシビアな戦いではなかっただけに、余計に腹立たしくなる。とはいえ日本勢トップの笠りつ子が4アンダー4位だけに、どう逆立ちしてもかなわないのは明白だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る