Gドラ2重信は足でヤクルト山田超えが一軍定着の絶対条件

公開日:  更新日:

 足が貧打を救う――。巨人のドラフト2位ルーキー重信慎之介(23)が20日の中日戦で一軍昇格即、「2番・左翼」でプロ初先発出場。4打数無安打で八回裏の守備からベンチに下がった。

 延長十一回に27イニングぶりに得点を挙げたものの、リーグ最低の141得点という惨状に、この日は不動の4番だったギャレットを6番に降格するなど、打線を組み替えて臨んだ。重信のスタメンも貧打解消のテコ入れ策だった。

 高橋監督が買っていた中堅の立岡は打率.237。亀井も.246と調子が上がらず、新人に白羽の矢が立ったのだ。

 春季キャンプは「MVP」級の活躍で開幕スタメンは確実と思われた。が、オープン戦で失速。開幕一軍には残ったもののベンチ要員で、3月30日に登録を抹消された。

 キャンプで目立っている頃、あるコーチは「3割」と「盗塁王」を一軍定着の条件に挙げていた。確かに低打率の立岡と亀井は“クビ”寸前。「外野は打たないとダメ」は巨人の掟でもある。3割が設定されるのは当然として、重信には50メートル5秒7の「足」の期待もかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る