Gドラ2重信は足でヤクルト山田超えが一軍定着の絶対条件

公開日:  更新日:

 足が貧打を救う――。巨人のドラフト2位ルーキー重信慎之介(23)が20日の中日戦で一軍昇格即、「2番・左翼」でプロ初先発出場。4打数無安打で八回裏の守備からベンチに下がった。

 延長十一回に27イニングぶりに得点を挙げたものの、リーグ最低の141得点という惨状に、この日は不動の4番だったギャレットを6番に降格するなど、打線を組み替えて臨んだ。重信のスタメンも貧打解消のテコ入れ策だった。

 高橋監督が買っていた中堅の立岡は打率.237。亀井も.246と調子が上がらず、新人に白羽の矢が立ったのだ。

 春季キャンプは「MVP」級の活躍で開幕スタメンは確実と思われた。が、オープン戦で失速。開幕一軍には残ったもののベンチ要員で、3月30日に登録を抹消された。

 キャンプで目立っている頃、あるコーチは「3割」と「盗塁王」を一軍定着の条件に挙げていた。確かに低打率の立岡と亀井は“クビ”寸前。「外野は打たないとダメ」は巨人の掟でもある。3割が設定されるのは当然として、重信には50メートル5秒7の「足」の期待もかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る