Gドラ2重信は足でヤクルト山田超えが一軍定着の絶対条件

公開日: 更新日:

 足が貧打を救う――。巨人ドラフト2位ルーキー重信慎之介(23)が20日の中日戦で一軍昇格即、「2番・左翼」でプロ初先発出場。4打数無安打で八回裏の守備からベンチに下がった。

 延長十一回に27イニングぶりに得点を挙げたものの、リーグ最低の141得点という惨状に、この日は不動の4番だったギャレットを6番に降格するなど、打線を組み替えて臨んだ。重信のスタメンも貧打解消のテコ入れ策だった。

 高橋監督が買っていた中堅の立岡は打率.237。亀井も.246と調子が上がらず、新人に白羽の矢が立ったのだ。

 春季キャンプは「MVP」級の活躍で開幕スタメンは確実と思われた。が、オープン戦で失速。開幕一軍には残ったもののベンチ要員で、3月30日に登録を抹消された。

 キャンプで目立っている頃、あるコーチは「3割」と「盗塁王」を一軍定着の条件に挙げていた。確かに低打率の立岡と亀井は“クビ”寸前。「外野は打たないとダメ」は巨人の掟でもある。3割が設定されるのは当然として、重信には50メートル5秒7の「足」の期待もかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る