• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラフト目玉に5人体制 阪神スカウトこそ“超変革”不可欠

 今秋のドラフト候補・東海大市原望洋(千葉)の右腕・島孝明が、関東大会で150キロを連発して注目を浴びている。ネット裏には10球団計24人のスカウトが押し寄せたが、中でも5人体制で秋波を送ったのが阪神だ。

 ドラフトの目玉候補とはいえ、ひとりの選手を5人がかりでチェックする。逆指名のあった時代ならともかく、現制度は1位指名が重複してもクジ引きの結果次第で交渉権を得られる。5人ものスカウトが、がん首そろえて本人や学校関係者に熱意をアピールする必要が果たしてあるのか。

「球団にとって、お宅の指名だけは勘弁してもらいたいとダメ出しされるのが怖い。それを避けるため、ウチはこれだけ注目してますよというアピールですわ」とは阪神担当記者だが、在京球団のさるスカウトはこう言った。

「阪神がひとりの選手を多くのスカウトでチェックするのは以前から。球団内部には、現地で飲み会をするためなんて声もあるそうです。それより阪神はここ数年、ウチがあえて指名リストから外した選手をドラフトで何人も獲得してる。知名度はあっても、致命的な欠点を抱えた選手はプロで伸び悩むケースが多いんですけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る