貧打巨人の起爆剤に 田代巡回打撃コーチ一軍昇格待望論

公開日: 更新日:

 昨季も泣かされた貧打解消が今季の大きな課題だった。

 今年1月のスタッフ会議では、リーグ最下位に終わったチーム打率.243を.260~.265に改善することを確認。当時の白石オーナーがわざわざ「チーム打率を引き上げてもらいたい。投高打低の昨年の状況から脱却しなくてはいけない」と厳命するほどだった。

 しかし、打線が一向に上向かない。24日の試合で、巨人は広島先発のジョンソンにわずか2時間38分でひねられ、散発4安打の完封負け。チーム打率はリーグ5位の.244、146得点は同最低だ。この日6点を叩き出した広島は253得点。3試合消化が早いとはいえ、四十数試合の段階でもう100点以上もの大差がついている。

 そこで、選手間でにわかにささやかれ始めたのが、コーチの入れ替え案だ。現在、巨人の打撃部門は内田、江藤両コーチが担当しているが、チーフ格の内田コーチは、現役時代の高橋監督の「師匠」にあたり、信頼が厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る