貧打巨人の起爆剤に 田代巡回打撃コーチ一軍昇格待望論

公開日:  更新日:

 昨季も泣かされた貧打解消が今季の大きな課題だった。

 今年1月のスタッフ会議では、リーグ最下位に終わったチーム打率.243を.260~.265に改善することを確認。当時の白石オーナーがわざわざ「チーム打率を引き上げてもらいたい。投高打低の昨年の状況から脱却しなくてはいけない」と厳命するほどだった。

 しかし、打線が一向に上向かない。24日の試合で、巨人は広島先発のジョンソンにわずか2時間38分でひねられ、散発4安打の完封負け。チーム打率はリーグ5位の.244、146得点は同最低だ。この日6点を叩き出した広島は253得点。3試合消化が早いとはいえ、四十数試合の段階でもう100点以上もの大差がついている。

 そこで、選手間でにわかにささやかれ始めたのが、コーチの入れ替え案だ。現在、巨人の打撃部門は内田、江藤両コーチが担当しているが、チーフ格の内田コーチは、現役時代の高橋監督の「師匠」にあたり、信頼が厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る