貧打巨人の起爆剤に 田代巡回打撃コーチ一軍昇格待望論

公開日: 更新日:

 昨季も泣かされた貧打解消が今季の大きな課題だった。

 今年1月のスタッフ会議では、リーグ最下位に終わったチーム打率.243を.260~.265に改善することを確認。当時の白石オーナーがわざわざ「チーム打率を引き上げてもらいたい。投高打低の昨年の状況から脱却しなくてはいけない」と厳命するほどだった。

 しかし、打線が一向に上向かない。24日の試合で、巨人広島先発のジョンソンにわずか2時間38分でひねられ、散発4安打の完封負け。チーム打率はリーグ5位の.244、146得点は同最低だ。この日6点を叩き出した広島は253得点。3試合消化が早いとはいえ、四十数試合の段階でもう100点以上もの大差がついている。

 そこで、選手間でにわかにささやかれ始めたのが、コーチの入れ替え案だ。現在、巨人の打撃部門は内田、江藤両コーチが担当しているが、チーフ格の内田コーチは、現役時代の高橋監督の「師匠」にあたり、信頼が厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る