• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打巨人の起爆剤に 田代巡回打撃コーチ一軍昇格待望論

 昨季も泣かされた貧打解消が今季の大きな課題だった。

 今年1月のスタッフ会議では、リーグ最下位に終わったチーム打率.243を.260~.265に改善することを確認。当時の白石オーナーがわざわざ「チーム打率を引き上げてもらいたい。投高打低の昨年の状況から脱却しなくてはいけない」と厳命するほどだった。

 しかし、打線が一向に上向かない。24日の試合で、巨人は広島先発のジョンソンにわずか2時間38分でひねられ、散発4安打の完封負け。チーム打率はリーグ5位の.244、146得点は同最低だ。この日6点を叩き出した広島は253得点。3試合消化が早いとはいえ、四十数試合の段階でもう100点以上もの大差がついている。

 そこで、選手間でにわかにささやかれ始めたのが、コーチの入れ替え案だ。現在、巨人の打撃部門は内田、江藤両コーチが担当しているが、チーフ格の内田コーチは、現役時代の高橋監督の「師匠」にあたり、信頼が厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る