GS初制覇好機の全仏で想定外…錦織圭を襲った雨と疲労

公開日:  更新日:

 ラリー戦が得意な錦織圭(26=写真)にとって、今回の全仏オープンは今年の4大大会で最も上位を狙える可能性があった。

 芝の全英(6~7月)は球足が速くてボールが滑るためビッグサーバーに有利。ハードコートの全米(8~9月)はアジアシリーズを控えたシーズン終盤で、プレッシャーもある。そこへいくと今回の全仏は球足の遅いクレーでプレースタイルが合ううえ、強力なライバルであるナダルは途中棄権、フェデラーは大会そのものを欠場していた。「ベスト4や決勝に行けると思っていたので残念」という本人のコメントにウソはなかったろう。

 しかし、4回戦で苦手意識を払拭しかけていたガスケ(29=フランス)に敗退。またしても4大大会での上位進出はならなかった。

 球足の遅いクレーは錦織が得意とする半面、雨が降るとボールが重くなって、ラリー戦の疲れが倍増する。4月のバルセロナオープンから始まったツアーで、ただでさえ疲労のたまっていた錦織の体は、悲鳴を上げたのだろう。3回戦のベルダスコ戦がフルセットまでもつれたのも誤算だった。

「ガスケとの4回戦でイージーミスが多かったのも、やはり疲労が影響ですよ」とは放送関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る