GS初制覇好機の全仏で想定外…錦織圭を襲った雨と疲労

公開日: 更新日:

 ラリー戦が得意な錦織圭(26=写真)にとって、今回の全仏オープンは今年の4大大会で最も上位を狙える可能性があった。

 芝の全英(6~7月)は球足が速くてボールが滑るためビッグサーバーに有利。ハードコートの全米(8~9月)はアジアシリーズを控えたシーズン終盤で、プレッシャーもある。そこへいくと今回の全仏は球足の遅いクレーでプレースタイルが合ううえ、強力なライバルであるナダルは途中棄権、フェデラーは大会そのものを欠場していた。「ベスト4や決勝に行けると思っていたので残念」という本人のコメントにウソはなかったろう。

 しかし、4回戦で苦手意識を払拭しかけていたガスケ(29=フランス)に敗退。またしても4大大会での上位進出はならなかった。

 球足の遅いクレーは錦織が得意とする半面、雨が降るとボールが重くなって、ラリー戦の疲れが倍増する。4月のバルセロナオープンから始まったツアーで、ただでさえ疲労のたまっていた錦織の体は、悲鳴を上げたのだろう。3回戦のベルダスコ戦がフルセットまでもつれたのも誤算だった。

「ガスケとの4回戦でイージーミスが多かったのも、やはり疲労が影響ですよ」とは放送関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る