GS初制覇好機の全仏で想定外…錦織圭を襲った雨と疲労

公開日: 更新日:

 ラリー戦が得意な錦織圭(26=写真)にとって、今回の全仏オープンは今年の4大大会で最も上位を狙える可能性があった。

 芝の全英(6~7月)は球足が速くてボールが滑るためビッグサーバーに有利。ハードコートの全米(8~9月)はアジアシリーズを控えたシーズン終盤で、プレッシャーもある。そこへいくと今回の全仏は球足の遅いクレーでプレースタイルが合ううえ、強力なライバルであるナダルは途中棄権、フェデラーは大会そのものを欠場していた。「ベスト4や決勝に行けると思っていたので残念」という本人のコメントにウソはなかったろう。

 しかし、4回戦で苦手意識を払拭しかけていたガスケ(29=フランス)に敗退。またしても4大大会での上位進出はならなかった。

 球足の遅いクレーは錦織が得意とする半面、雨が降るとボールが重くなって、ラリー戦の疲れが倍増する。4月のバルセロナオープンから始まったツアーで、ただでさえ疲労のたまっていた錦織の体は、悲鳴を上げたのだろう。3回戦のベルダスコ戦がフルセットまでもつれたのも誤算だった。

「ガスケとの4回戦でイージーミスが多かったのも、やはり疲労が影響ですよ」とは放送関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る