早い時間帯の試合もなんの 錦織は全仏で“苦手の朝”克服

公開日:  更新日:

 テニス界には、早い時間帯の試合を嫌うトッププレーヤーが比較的、多いという。おそらく朝から体調をベストにもっていくのが苦手なのだろう。

 全仏オープンを戦っている錦織圭(26)もそのクチ。テニス関係者によれば「そうヒドくはないようですが、低血圧だと聞いている。朝方は普段、ボーッとしてるし、機嫌も良くない」そうだ。

 それでも今大会、フルセットの激闘を強いられ勝利した3回戦ベルダスコ(32=スペイン)戦まで、朝からの準備を強いられる第1試合と第2試合ばかりなのは、テレビ局の事情だという。

「パリは日本より7時間遅れ。午前11時開始の第1試合だと、日本の午後6時に始まります。それで錦織の試合をできればゴールデンタイムに放送したいテレビ局の意向や都合が反映されているのですよ。第1試合なら試合開始時間は確実に分かるし、第2試合でもある程度は読めますからね」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る