• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早い時間帯の試合もなんの 錦織は全仏で“苦手の朝”克服

 テニス界には、早い時間帯の試合を嫌うトッププレーヤーが比較的、多いという。おそらく朝から体調をベストにもっていくのが苦手なのだろう。

 全仏オープンを戦っている錦織圭(26)もそのクチ。テニス関係者によれば「そうヒドくはないようですが、低血圧だと聞いている。朝方は普段、ボーッとしてるし、機嫌も良くない」そうだ。

 それでも今大会、フルセットの激闘を強いられ勝利した3回戦ベルダスコ(32=スペイン)戦まで、朝からの準備を強いられる第1試合と第2試合ばかりなのは、テレビ局の事情だという。

「パリは日本より7時間遅れ。午前11時開始の第1試合だと、日本の午後6時に始まります。それで錦織の試合をできればゴールデンタイムに放送したいテレビ局の意向や都合が反映されているのですよ。第1試合なら試合開始時間は確実に分かるし、第2試合でもある程度は読めますからね」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る