雨とヤジ…錦織“完全アウェー”の重圧に屈し全仏8強ならず

公開日: 更新日:

「敵地」の重圧にも押され、2年連続の8強入りはならなかった。

 テニスの全仏オープンは29日(日本時間30日未明)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランク6位で第5シードの錦織圭(26)は同12位で第9シードのリシャール・ガスケ(29=フランス)と対戦。セットカウント1-3で敗れて昨年に続く準々決勝進出を逃した。

 錦織は過去8戦で2勝6敗と分の悪い相手に、立ち上がりは優位に進める。第1セットは自ら積極的に仕掛けて、第6ゲームまでに2度のブレークに成功。相手のミスもあって試合の主導権を握りかけたが、第7ゲームは天にも見放される。このゲームは互いに譲らず、ジュースとなったところで降雨中断。約1時間後に再開したが、サービスゲームを落とし、試合の流れは相手に傾いた。

 再開後は、スピンを掛けた相手の強烈なショットに苦戦。ミスショットもあり、3ゲーム続けて落とし、第1セットを先取された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る