もうムチャ振り不要 ハム大谷9号弾は「理想のスイング」

公開日:  更新日:

 改めてそのパワーを見せつけたのが31日の大谷翔平(21=日本ハム)だ。

 ヤクルト戦に「5番DH」でスタメン出場。七回、デイビーズの初球をライナーで左翼スタンドに放り込んだ。9号ソロ。日本ハムOBによれば「手元まで引き付けたボールに対して、バットが最短距離ですっと出た。そうやってコンパクトに振り抜けるのが大谷の理想的な打撃」らしい。

 だとすれば八回の左前へのポテンヒットは「理想的な打撃」とはかけ離れていた。スイング後に体がよろけて、倒れそうになったくらい。最近の大谷はとにかく、ムチャ振りが目立つ。

 今季はオフの筋力トレでパワーアップ。もともとあった長打力に磨きがかかった。今季の9本塁打中6本は左翼方向へのもの。振り回さなくても楽々逆方向に放り込むだけの力がいまの大谷にはある。遠くへ飛ばそうと力んで振り回す必要なんてないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る