もうムチャ振り不要 ハム大谷9号弾は「理想のスイング」

公開日: 更新日:

 改めてそのパワーを見せつけたのが31日の大谷翔平(21=日本ハム)だ。

 ヤクルト戦に「5番DH」でスタメン出場。七回、デイビーズの初球をライナーで左翼スタンドに放り込んだ。9号ソロ。日本ハムOBによれば「手元まで引き付けたボールに対して、バットが最短距離ですっと出た。そうやってコンパクトに振り抜けるのが大谷の理想的な打撃」らしい。

 だとすれば八回の左前へのポテンヒットは「理想的な打撃」とはかけ離れていた。スイング後に体がよろけて、倒れそうになったくらい。最近の大谷はとにかく、ムチャ振りが目立つ。

 今季はオフの筋力トレでパワーアップ。もともとあった長打力に磨きがかかった。今季の9本塁打中6本は左翼方向へのもの。振り回さなくても楽々逆方向に放り込むだけの力がいまの大谷にはある。遠くへ飛ばそうと力んで振り回す必要なんてないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る