21日ぶり2勝目も…ハム大谷が抱える“限界知らず”のモロさ

公開日: 更新日:

 ある日本ハムOBによれば「大谷翔平(21)はこれまで、限界まで鍛えられた経験がない」そうだ。

「花巻東時代はもちろん、プロ入り後も二刀流で注目されてきた。高校の指導者たちや日本ハムの首脳陣にとって何より怖いのはケガだけに、徹底的に鍛えたくてもできなかったのでしょう」

 首脳陣のひとりはかつて、22日に投げ合った楽天のプロ5年目・釜田佳直(22)を引き合いに出してこう言ったことがある。

「釜田は高卒1年目に7勝しながら、無理がたたってトミー・ジョン手術を受け、3年目を棒に振った。大谷も同様に高校から直接プロ入り。体が出来上がっていないうちから無理をさせるわけにはいかない」

 昨年も含めて過去3年間、登板間隔などで配慮してきたのは理由があるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る