協会重要行事を次々欠席 貴乃花親方に問われる理事の資質

公開日:  更新日:

 心機一転を図るからといって、職務を放棄していいことにはならない。

 3月の理事長選でのクーデターに失敗し巡業部長に就任した貴乃花親方(43)。もっか部屋の移転が話題になっているが、親方衆からは「私事にばかりかまけていないで、仕事もちゃんとやれ」という声が上がっている。ある親方は「5月場所前の稽古総見です」と、こう続ける。

「稽古総見は相撲協会の公式行事。理事の出席は当然、義務付けられているにもかかわらず、来なかったんですよ。理事の中で姿を見せなかったのは貴乃花親方だけです。しかも、彼の弟子もひとりとして来なかった。一体、何を考えているのか」

 貴乃花親方は相撲協会が4月に行った「各種不法事案排除の総合的対策について」の研修会も欠席している。違法薬物や賭博、暴力団排除など、今後の角界にとっても欠かせない勉強会だったのに、理事でひとりだけ欠席し、親方衆のひんしゅくを買った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る