協会重要行事を次々欠席 貴乃花親方に問われる理事の資質

公開日: 更新日:

 心機一転を図るからといって、職務を放棄していいことにはならない。

 3月の理事長選でのクーデターに失敗し巡業部長に就任した貴乃花親方(43)。もっか部屋の移転が話題になっているが、親方衆からは「私事にばかりかまけていないで、仕事もちゃんとやれ」という声が上がっている。ある親方は「5月場所前の稽古総見です」と、こう続ける。

「稽古総見は相撲協会の公式行事。理事の出席は当然、義務付けられているにもかかわらず、来なかったんですよ。理事の中で姿を見せなかったのは貴乃花親方だけです。しかも、彼の弟子もひとりとして来なかった。一体、何を考えているのか」

 貴乃花親方は相撲協会が4月に行った「各種不法事案排除の総合的対策について」の研修会も欠席している。違法薬物や賭博、暴力団排除など、今後の角界にとっても欠かせない勉強会だったのに、理事でひとりだけ欠席し、親方衆のひんしゅくを買った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  7. 7

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る