「弱い横綱の乱造に」 稀勢の里“綱取り継続”にファン苦言

公開日: 更新日:

「来場所に綱とりをつなぐ13勝2敗!」

 中継のアナウンサーが絶叫した。

 千秋楽の一番で横綱日馬富士を押し出し、13勝2敗で5月場所を終えた大関稀勢の里(29)。14日目に横綱鶴竜に敗れた時点で今場所どころか来場所の綱とりも消滅したはずだった。

 横綱の昇進基準は「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」とある。先場所も優勝を逃し、今場所も千秋楽を前にして横綱白鵬(31)に賜杯を許している以上、とても「優勝に準ずる成績」と呼べない。

 にもかかわらず、この日は二所ノ関審判部長が、「来場所、優勝したら昇進もある」と発言。何が何でも稀勢の里を横綱にしたいようだ。

 場所前の綱とり条件は、「14勝以上で3横綱を倒した上で優勝」(二所ノ関審判部長)だったはずが、13日目に白鵬相手に黒星。「3横綱の撃破」は消えたにもかかわらず、今度は友綱審判部副部長が、「残り2つ勝って14勝することが大事」と、基準をコロッと変えたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る