• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「弱い横綱の乱造に」 稀勢の里“綱取り継続”にファン苦言

「来場所に綱とりをつなぐ13勝2敗!」

 中継のアナウンサーが絶叫した。

 千秋楽の一番で横綱日馬富士を押し出し、13勝2敗で5月場所を終えた大関稀勢の里(29)。14日目に横綱鶴竜に敗れた時点で今場所どころか来場所の綱とりも消滅したはずだった。

 横綱の昇進基準は「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」とある。先場所も優勝を逃し、今場所も千秋楽を前にして横綱白鵬(31)に賜杯を許している以上、とても「優勝に準ずる成績」と呼べない。

 にもかかわらず、この日は二所ノ関審判部長が、「来場所、優勝したら昇進もある」と発言。何が何でも稀勢の里を横綱にしたいようだ。

 場所前の綱とり条件は、「14勝以上で3横綱を倒した上で優勝」(二所ノ関審判部長)だったはずが、13日目に白鵬相手に黒星。「3横綱の撃破」は消えたにもかかわらず、今度は友綱審判部副部長が、「残り2つ勝って14勝することが大事」と、基準をコロッと変えたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る